元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

感情的に叱って良い時と悪い時とは?

叱る

あなたは普段お子さんを叱るとき
冷静に叱るか感情的に叱るか
どちらが多いでしょうか?

叱り方は人によって異なります。
特に正解はありません。

常に冷静に叱る方、
毎回感情的に叱る方、
どちらでも良い思います。

ただ私の中で、
多くの方にとって、
この叱り方にすると一番うまくいく
という法則があります。

それをお伝えします。

基本的には冷静に叱ったほうが良い

叱る
まず一度注意したことを再度行ったり、
約束を破ったり、学校で悪さをしたときは、
冷静に叱るのが良です

 

「同じ失敗を2度続けると成長できない」
「約束を守らないと信用を無くす」
「学校は社会だからルールを守らないといけない」

 

なぜその行動が悪いのか、
きちんと理由を伝え冷静に叱ることが
子どもに一番響きます。

 

「いい加減にしろ」
「お前は本当にダメだな」
と感情的に叱る方がいますが、
これはあまりお勧めしません。

 

なぜなら子どもは、
何がダメだったのか理解するのではなく、
ただ怒られたと感じるだけだからです。

 
  • 冷静に伝える
  • ダメな理由を伝える
 

この2つを意識するのが大事です。

絶対に許せないラインは感情を乗せる

怒る
普段叱るときは冷静に伝えるのが良いです。
ただ唯一感情的に叱っても良いと、
私が考えているときがあります。
それは絶対に許せないラインを超えた時です。

 
  • 法律に違反する行為をしたとき
  • 自分や他人を傷つける行動をしたとき
 

こういったときは、
感情を乗せて叱って良いです

 

普段は冷静なお父さんが、
感情的に叱ることによって、
子どもはことの重大さがわかるからです。

 

この時、
  • 理由をきちんと伝える
  • 暴力は振るわない
という2つは守るようにしてください。

叱るときは強弱をつけることが大事

たばこ
このように、
子どもを叱るときに大事なことは、
強弱をつけることです。

 

ただ宿題をさぼっただけで
感情的に叱っていたら、
タバコを吸ったときの叱り方が
なくなってしまいます。

 
  • 宿題をさぼること
  • タバコを吸うこと
 

どう考えても、
後者の方が止めないといけないことです。
普段は冷静に叱り、
絶対に許せないラインは感情的に叱る。

 

この強弱を意識してみてくださいね。

 

明日ですが、
「受験勉強前に意識すべき2つのポイント」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報