冬休み明けのテスト対策法

宿題

 ← 道山はいま何位?

冬休み明けになると、
多くの中学校で実力テストがあると思います。
このテストの勉強はどうしたらよいのか
というお話をしていきます。

まず冬休み明けの実力テストですが、
学校によって2種類のパターンがあります。

 

パターン1 範囲が指定されている

勉強時間
例えば冬休みの課題が出されて、
この課題から50%出します!
みたいな感じで範囲が指定される場合です。

 

この場合は、
当たり前ですが冬休みの課題だけを
集中的に勉強すればよいです。

 

流れとしては、
まず1月3日くらいまでに、
冬休みの課題を一通り終わらせます。

 

その後1週間くらいの時間を使って、
間違えたところのみ再度やり直します。
(これが2回目の勉強)

 

で最後にテスト2日前くらいから、
2回目の勉強で間違えたところのみ、
再度やり直します。
(これが3回目の勉強

 

冬休みは時間が限られるので、
これくらいの勉強をするので
精一杯だと思います。
まずはこれだけしっかりやってみてください。

 

パターン2 範囲が指定されていない

定期テスト
冬休みの課題が全く出されず、
さらにテスト範囲も出されない。
こんな学校もあると思います。

 

先生に範囲を聞くと、
「今年習ったところ全て!」
と言われる学校です(笑)

 

この場合は基本的に、
1学期と2学期に行った定期テスト
もう一度やり直すという勉強をするのが
おすすめです。

 

なぜ定期テストなのかというと、
定期テストはその分野の一番大事な問題を
集約したものです。

 

つまりこれだけをしっかり勉強すれば、
大事な問題だけはしっかりできるようになります。
もちろんそういった問題と似たような問題が
実力テストにも出題されます。

 

範囲が指定されていない場合は、
一度この方法も使ってみてください。

 

無理にやらせないようにしてください


冬休みと言うのは中学生にとって、
本当に勉強する気が起きない時期です。

 

こういった時期になると保護者の方は、
つい「もっと勉強しなさい」と
言いたくなってしまいます。
ただ周りを見渡してみてください。

 

おそらくあなたの旦那さんも、
この時期はあまり働かずに、
だらだら生活していると思います。

 

※道山のような自営業の方は、
年末年始関係なく仕事をしていると思いますが。

 

大人でさえだらだらしてしまうのに、
子供にだけ勉強しろと言うのは、
可哀想な話です。

 

ですのでいつも以上に、
子供の勉強に対する姿勢は
大目に見てあげてください。

 

もちろん受験生の子は、
この時期は最も勉強しないと
いけない時期なので、
全力で頑張ってくださいね!

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 親子勉強

    勉強はマンツーマンで教えるべきか?

  2. 社会の教科書

    中学生の社会の勉強方法をまとめました!

  3. テレビ鑑賞

    遊びやゲームと勉強をスパっと切り替える方法

  4. 実力テスト

    道山流!実力テストの勉強法

  5. テレビゲーム

    中学生向け!ゲームをやめる方法

  6. 音楽

    音楽を聴きながら勉強をしても良いのか?

  7. 勉強部屋

    集中力がアップするための机の配置

  8. おすすめ家庭教師

    道山流おすすめ家庭教師マニュアル2016をお配りします

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP