テスト勉強の合間にすべき休憩方法

休憩

先日中学生本人から、
こんな相談を頂きました。

悩みとは少し違うと思うのですが、
テスト勉強の休憩は
どのくらい取ればいいですか?
あとおすすめの休憩方法を教えてください。

これは多くの子が
同じように抱えている悩みだと思います。
そこで本日は道山流!
上手な休憩の取り方をお伝えします。

テスト勉強を頑張っているお子さんに、
シェアしていただけると嬉しく思います。

理想的な休憩時間とリズム

学校
これからお話しするのは、
あくまでも私の感覚なので、
これが100%あっているとは、
思わないでください。

 

必要に応じて、
自分の体に合うように
アレンジしてもらえると良いかと思います。

 

実は理想的な休憩時間というのは、
小中学校の授業にヒントがあります。
学校というのはおおよそ、

 
  • 50分の授業
  • 10分の休憩
  • 50分の授業
  • 10分の休憩
 

というリズムで進んでいます。
そしてたまに、
20分の休み時間があったり、
1時間のランチタイムがあったりします

 

これって実は、
非常に効率の良い休憩リズムなんですよね。

 

もしあなたが自宅で勉強するときも、
50分勉強をして10分休むを繰り返し、
たまに20分くらいの長い休みを入れると
最も効率よく勉強を進めることができると思います。

道山流!2つのおすすめ休憩法

散歩
ではどういった休憩をするのが、
最も効率よく体を休めることが
できるのでしょうか?
私がお勧めするのは次の2つです。

運動+音楽

一つは音楽を聴きながら
散歩をするという方法です。
音楽を聴くことで頭がリフレッシュし
散歩をすることで体がリフレッシュします。

 

勉強中はずっと座っていると思うので、
徐々に脳みそに血液が回らなくなってきます。
すると集中力や記憶力が落ちてきます。
ここで運動すると回復するわけです。

仮眠

もう一つは仮眠という方法です。
人間は寝ている間に体を回復させます。
勉強していて疲れてきたら、
15分だけ仮眠をとると良いです。

 

疲れと睡魔が軽減し、
集中力が回復します。

ゲームやスマホをしてもOK

スマホ
またゲームやスマホが大好きなら、
休憩中にこれらをやってもOKです。

 

理想は運動か仮眠なのですが、
寝るくらいなら友達に連絡したい
という子も多いと思います。

 

こういった場合は、
スマホやゲームをすればよいです。
無理をすると長続きしないので、
それなら続けやすい方法の方が良いからです。

 

ただ長くなりすぎると、
勉強が進まなくなってしまうので、
必ずタイマーを10分とか15分とかにして、
ゲームをするようにしてくださいね。

 

明日ですが、
「アスペルガー症候群の子どもの4つの特徴」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 道山流学習法と他の学習法の違いとは?

  2. 音読

    勉強についていけない時の解決策

  3. 解決

    どんな悩みも解決できる3ステップ

  4. 不登校

    不登校の子向け!中学生の勉強法まとめ

  5. 5教科合計131点上がった成果報告

  6. タイマー学習法

    集中力を3倍にするタイマー学習法

  7. テスト

    ケアレスミスをなくす唯一の方法

  8. 勉強

    勉強前に1分行うだけで効率が3倍になる裏技

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP