プレゼン、発表で高得点が取れる話し方

発表

お子さんの学校って、プレゼンや発表などの機会が増えていませんか?

実は新学習指導要領になり、こういったパフォーマンステストの配点はUPしています。

そこで本日は、元NHKキャスター矢野香さんの著書「最強リーダーの話す力」を参考に、プレゼンや発表で高得点を取る裏技をお伝えします。

>>最強リーダーの話す力:矢野香 

定期テストと同じく内申点UPに直結するため、高校受験の合格率も上がるはずです。

疑問を入れると点数UP

疑問

調べたことを発表する際に、「疑問」を入れると点数が伸びます。たとえば「私は少子化について調べました」よりも、

「20年後、日本の人口は何人になっていると思いますか?」「1.30 この数字は何だと思いますか?」というような感じです。

このような問いかけを取り入れることで、聞く側は引き込まれ、考えさせられるからです。

さらにすぐに答えを言うのではなく、3秒の間を置いてから答えましょう。空白を入れることで、注目度が上がります。

怒りなどの感情を伝えると点数UP

怒り

発表するときには、怒りなどの感情を加えてみましょう。言葉の感情は、ダイレクトに心に響くからです。

たとえば「少子化は日本にとって深刻な問題です」では、他の人と同じになってしまいます。しかし、

「生徒がたくさんいるから、学校は楽しいです。10年後、このままいくと僕たちの学校は1学年1クラスになります。本当にこのままでいいのでしょうか?怒」

このように、言葉に感情を入れると、引き込まれるでしょう。

エネルギーレベルを変えると点数UP

レベル

重要なポイント、特に聞いてほしいところは、エネルギーを上げて伝えましょう。

「1.30 この数字は何だと思いますか?」⇒レベル3

「私は日本の少子化について調べました。今問題になっているからです」⇒レベル5

「本当にこのままでいいのでしょうか?」⇒レベル10

このように、声量や表情に変化をつけて話すと、引き込まれます。相手にしっかりと伝わる発表になるため、点数も上がるはずです。

本日のまとめ

プレゼン

新学習指導要領になってから、発表の授業が増えている場合、内申点にも直結していると思います。

話す内容が同じでも、少し言い方を変えるだけで点数も上がるはずです。他にもたくさんのテクニックがあったので、「最強リーダーの話す力」参考になると思います。

>>最強リーダーの話す力:矢野香

明日ですが、「進路が決まらない高校生にできること」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!プレゼン、発表で高得点が取れる話し方

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強

    成績が上がるテスト週間の過ごし方

  2. 親子

    【元教師が解説】成績が上がらない中学生の特徴とは!?

  3. 中3で5教科合計52点UPした成果報告

  4. 上げる

    【元教師が解説】中学校の成績を上げる方法

  5. 勉強

    スタンディングデスクで勉強効率UP

  6. 絵の具

    現役の美術教師が解説!1時間で完成するポスターの描き方

  7. 勉強

    左脳と右脳を活用して勉強しよう

  8. 道山

    勉強の結果以上に嬉しい報告をいただきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP