私立中学と公立中学の勉強方法の違い

学校

 ← 道山はいま何位?

最近ありがたいことに、
私立中学校に通う生徒や保護者の方からも
相談をもらうことが増えてきました。
そこで本日は、

  • 私立中学校に対する私の考え
  • 私立中学校の子の勉強方法
について解説します。

私立中学校に対する道山の考え

学校
まず大前提のお話をします。
私立中学校に行くべきか、
公立中学校に行くべきかという話です。

 

よく小学生の子供がいるお母様から
この相談をいただくのですが、
私はそれに対していつも同じ答えをしています。

 

それは何かというと、
「子どもが望む学校に行かせてあげてください」
と言うことです。

 

子どもがどうしても私立に行きたいというなら、
私立にいかせてあげるべきだし、
子どもが友達と離れたくないというなら、
無理にいかせない方が良いです

 

私の元には毎日のように、
「私立に行っているのですが勉強についていけない」
という相談が来ます。

 

こういった相談をしてくる方の
8割くらいは、
子どもは望んでいないのに無理に
私立中学校に入れてしまった方です。

 

※もちろん子どもが望んでいたのに
ついていけなくなることもあります。

 

私立中学校というのは、
公立中学校の1.5倍くらいのペース
授業を進めて行くので、
本当についていくのが大変です。

 

だから子どもが望まない場合は、
極力公立中学校に入れてあげた方が
良いと私は思います。

私立中学校の勉強方法

勉強ついていけない
では私立の子は、
どういった勉強をしていけばよいのか。
基本的な勉強方法については、
公立中学校と変わらないです。

 

ただ使っている教科書が異なるので、
教科書ガイド
などの公立中学校用の問題集は
使えなくなります。

 

違いはそれくらいで、
あとはほとんど同じです

 

一つ注意すべきこととして、
必ず「家庭教師」等のサポートを
付けた方が良いということです。

 

上にも書きましたが、
私立中学校は勉強のペースがかなり早いです。
つまり子どもは毎日、
わからない問題と必死に戦うことになります。

 

一人で解決できれば良いのですが、
数学や理科などはなかなかそうはいきません。
そこでわからない問題を
簡単に質問できる環境を作ってあげないと
いけないのです。

 

学校で補習などをしてくれて、
サポートをしてくれるのであれば、
それで大丈夫です。

 

ただ補習でさえついていけないのであれば、
やはり親か家庭教師が教えるしかないです。
まとめると、

 

私立中学校に対する道山の考え方
⇒子どもが望むなら行かせても良い。
私立中学校の勉強方法
⇒公立と同じだがサポートを付けた方が良い。
という感じになります。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 成績

    オール4以上の子どものお母様に理解してもらいたいこと

  2. 安倍総理

    安倍首相から学ぶ新時代の学級委員

  3. 音読

    音読を嫌がる子どもはどうしたら良いの?

  4. 貼る

    壁に紙を貼る記憶法は効果的なのか?

  5. 内申点が5UPした成果報告

  6. 5教科合計56点UPした成果報告

  7. 地図帳

    地理は地図帳、歴史は年表を使おう

  8. 好きなこと

    勉強のやり過ぎに注意しよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP