5教科で最も必要な力とは?

勉強

公立中学校の場合、学校で学ぶ教科は、

  • 5教科
  • 副教科
に分かれます。5教科は、国語、社会、英語、数学、理科で、副教科は、技術家庭科、体育、音楽、美術です。

もしこの5教科の中で、1つしか学ぶことができないとしたら、あなたは何を学びますか?私は「国語」です。その理由を説明します。

社会に出て一番活躍する力は国語

国語

例えば科学者の場合、もっとも使う教科は「理科」です。通訳の場合は「英語」です。だからそういった、専門的な仕事をしている人は、専門分野の教科が最も役に立ちます。

ただ専門分野で仕事をすることって、実は意外と少ないです。多くの方は、分野が違うだけで行う仕事は、
  • 事務員
  • 営業マン
  • ライター(文章を書く仕事)
であることが多いです。私自身「思春期の子育て」という分野ですが、日々行っている仕事の多くは、ライター(メルマガの執筆やメールサポート)です。

こういったタイプの人の場合、一番役に立つ教科は「国語」になります。

他人とのコミュニケーションも国語が基本

コミュニケーション

またどの仕事でも必要なスキルの一つに、「コミュニケーション」があります。
  • お客様
  • 上司や部下
などとの会話です。仕事をしていなかったとしても、
  • 旦那さんやお父さんお母さん
  • 子ども
  • 近所のママ友パパ友
などと会話をする場合、コミュニケーションスキルが必要になります。このスキルの土台もやはり「国語」です。

専門的な分野の仕事をする人以外、基本的には国語力を磨くことを意識すると、大人になってから人生が楽になります。

国語力を伸ばす最短の方法は読書

本

ではどういったことをすれば、国語力を付けることができるのでしょうか?一番の近道は「読書」です。

特に6歳までは、言語力が格段に伸びます。それ以降少しずつ伸びる割合が下がります。つまり大人になってから本を読むよりも、

中学生のうちから読み始めたほうが、効率良く国語力を伸ばすことができるのです。そのために一つ、やっていただきたいことがあります。

本屋(古本屋でもOK)に行って、お子さんに「10冊好きな本を買っていいよ」と言ってあげてください。

漫画、雑誌さえ避ければ、どういった本でもOKです。10冊買えば1冊くらいは、最後まで読むことができます。

すると自分の好きなジャンルがわかるので、それをきっかけに本を読むことに、興味を持つ可能性があります。

本日のまとめ

読書

人によって必要なスキルは異なります。そんな中、唯一国語力だけは、どんな人にも必要な力です。

そのためには、小さいうちから読書をすることが大事です。最初は1冊でよいので、最後まで読みたいと思える本を見つけましょう。

1冊見つかれば、後は類似本を買っていくことで、自然と本を読むことができるようになります。

明日ですが、「過去最高得点を取った成果報告」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. カンニング

    テストの不正はなぜバレるのか?

  2. ブログ

    道山のHPで良く見られている記事を紹介します!

  3. 夢を叶える

    努力しないで夢を叶えることはできない!

  4. スマホ

    中学生のLINEトラブル対応策

  5. 仕事

    毎日寝られなくなる仕事を目指そう!

  6. 学校

    学校教育の最大の問題点

  7. 愛情

    愛のムチがなくなった反動とは?

  8. 宿題

    宿題を早く終わらせるメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP