本と参考書を日本一お得に買う方法

本

私は職業柄、毎月10冊くらい書籍を買います。そのうちしっかり読むのが3冊くらいで、残りの7冊は目次だけ見て中を読みません。

たくさんの書籍を読んだ中で、良いと思ったお話しは、メルマガやLINEでも配信しています。

一見すると、かなり無駄な本の買い方なのですが、

実は非常にお得な買い方をしているので、新刊でも1冊300円くらいで、読むことができていると思います。

あまり大きな声では言いたくなかったのですが、今日はこの購入方法を紹介します。

ステップ1 新刊は楽天ブックスで購入する

楽天
新刊を買う時とそうでない書籍を買う時で、買い方が異なるのですが、まず新刊を買う時はamazonではなく、楽天ブックスで買います。

なぜ楽天ブックスなのかというと、楽天ポイントが3~10%くらい、貰えるからです。

アマゾンのポイントは1%くらいなので、それと比べるとかなり良いです。また私は楽天カードで買うので、更に1%上乗せになります。

 

>>楽天カード

 

さらに先日の海外の記事で紹介した、ハピタス経由で楽天ブックスを使うと、さらに2%還元されます。

 

>>ハピタス

 

これらをすべて含めると、平均10%くらいは割引価格で、購入することができます。

ステップ2 新刊以外はアマゾンで買う

アマゾン
新刊が出てから6か月以上経ったものは、私はアマゾンで買います。なぜアマゾンで買うのかというと、アマゾンには中古の書籍が売っているからです。

出版から2年以上経っている本だと、送料込みで250円くらいで、買えることもあります。

新刊はアマゾンでは買わないのですが、中古の品ぞろえは楽天よりもアマゾンの方が、はるかに多いのでおすすめです。

ステップ3 いらない本はアマゾンで売る

配送
そしてこれが、300円で本を読む最大の秘訣なのですが、要らなくなった本はアマゾンで売ります。

以前はブックオフなどで売っていたのですが、100円くらいにしかなりません。

アマゾンで売る場合、新刊だと1000円とかで売れたりします。

さらにアマゾンの楽なところは、20冊くらいまとめてアマゾンの倉庫に送ると、あとはアマゾンが勝手に売って配送までしてくれます。

※本当に楽です!

楽天ブックスで1500円の新刊を1350円(ポイント還元後)で買い、1000円で売ることができたら、実質350円くらいで読めるわけです。

子どもたちの参考書って、いろいろ買っていると結構お金がかかるので、上記の方法を実践して、上手に購入すると良いと思いますよ!

 

明日ですが、「ネガティブな発言をするメリットとは?」というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 親子

    親子関係が良好になる新しい視点

  2. 本

    最近読んだ2冊のおすすめ本を紹介

  3. 海外旅行

    お金をかけず家族で海外に行く裏技

  4. 将来の夢

    将来の夢が見つかる30の質問

  5. 人生を気楽に

    もっと人生を気楽に考えよう

  6. お金

    子ども向け!お金を稼ぐ目的って何?

  7. 寝れない

    夜寝られない時にすべき3つの行動

  8. 成人式

    悲劇!5年ぶりに教え子と会った結果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP