みんなと仲良くしないように注意しよう!

みんなと仲良し

nblog1 ← 道山はいま何位?

私は教師時代
「今の日本人と言うのは日に日に、
人間関係を作る力がなくなってきているな」
とすごく感じていました。

と言うのは、クラスの子どもたちを見ていると、
みんな少し喧嘩や誤解が生じただけで、すぐに話をしなくなってしまったり、
好きな子がクラスにいないだけで、
簡単に不登校になったりしていしまいます。

またこの時期になると必ず来る相談が、
「新しいクラスになって友達ができません」
と言う中学生からの相談です。

これはおそらく、

  • 共働きが増えたことによる親子のコミュニケーション不足
  • 都会に移り住むことが増えたことによる近所付き合いの減少
  • 学力至上主義によって子ども同士で遊ぶ時間が減った
ことなどが原因なのかなと思っています。

 

そこで今日は、
今の時代を生き抜く上で大切な、
「友達作りで一番大切なこと」をお伝えします。

みんなと仲良くしなさいは半分間違い

悪口
小学校の先生が良く言う言葉の一つに、
「みんなと仲良くしなさい」
と言う言葉があります。

 

確かにみんなと仲良くできたら、
これほどいいことはないと思います。
ただ今の時代これをしようとすると、
友達関係が上手くいかなくなることが多いです。

 

と言うのは、上にも書いたように、
今の時代は多くの子が人間関係が下手です。

&nbsp

だから、ほとんどの子にとって、
本当に信じられる友達と言うのは、
1~3人くらいしかいません。

 

例えばA君とB君とC君が仲良しで、
いつも一緒にいるとします。
そんなときA君がみんなと仲良くしようとして、
D君E君とちょこちょこ遊ぶようになったとします。

 

すると必ずある出来事が起こります!!
それは、
B君とC君がA君の悪口を言い始めるのです。

 

「あいつ最近D君とE君と遊び始めているよ」
「俺たちを裏切ったんだな!ムカツク」
みたいな感じです。
A君はそんなことは1ミリも考えていないです。

 

ただ先生の教えてくれたように、
みんなと仲良くしようとして、D君E君と遊んだだけなのに、
結果的にはB君C君から嫌われてしまうのです。

 

私のクラスで起こった友達関係のトラブルというのは、
ほとんどが上記のようなケースです。

 

特に女の子はこのケースですぐに友達関係が崩れ、
酷い場合は3年間ずっとお互いの悪口を言い合う
ケースもあるくらいです。

全てはコミュニケーション下手が原因です

友達
ここまでの話を読むと、
B君とC君が悪いように感じてしまうのですが、
実はそういうわけではありません。

 

なぜならB君とC君は、
本当にA君から裏切られたと感じてしまっているからです。
じゃあどうすべきなのか?

 

結局一番大事なことは、
みんなと仲良くしようとするのではなく、
自分にとって一番居心地が良い人と仲良くする
と言うことだと私は思います。

 

おそらく50年くらい前のように、
子どもたちみんながコミュニケーション力が高ければ、
上記のようなケースでも、B君C君は、

 

「まあまたA君はこっちに戻ってくるでしょ」
と考えて悪口を言うことはなかったと思います。

 

ただ今の子どもたちのように、
一人の友達を作るだけでも大変な労力が必要な時代だと、
一人の友達がいなくなるだけで裏切りと捉えてしまうのです。

 

だからこそ、
「自分にとって誰と一緒にいるのが一番居心地がいいのか」
を冷静に考えてその子たちととにかく深い関係を作る
というのが大事なのかなと私は思います。

挨拶や部活などの関わりを持つことは大事


もちろん学校は一つの社会なので、
いつも遊ぶほどの中ではない子に対しても

 
  • 毎朝しっかりと挨拶をする
  • 部活や学級の仕事などは一緒に出来る関係を作る
  • 独りぼっちの子がいたら話しかけてあげる
 

というようなことくらいは、
できるようになってほしいです。

 

また普段からそういった気遣いをしておくと、
もし自分が一番仲の良い友達と喧嘩をしてしまっても、
すぐに他の友達と遊べるようになります。

 

まずは一番大事な友達と深い関係を作る。
もし余裕があったら他の子に対して、
最低限の気遣いができるようにする。

 

この2つを意識すれば、
きっと友達関係が上手くいくようになると思います。
※これはあくまでも私の考えなので、
これが100%正しいという話ではありません。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 子どもの才能を開花させる3つのサポート法

  2. 元旦

    1年の始めに必ず行う3つのこと

  3. タブレット

    なぜ今の子どもはYouTubeでヒカキンにハマるのか?

  4. 親子

    親子関係が良好になる新しい視点

  5. 良いものは高い

    良い物は高い!という絶対法則を理解しよう

  6. 食欲を抑える

    道山流!食欲を抑える方法

  7. 奨学金

    奨学金をもらってまで大学に行くべきか?

  8. 自分を変える

    自分を変えるための3ステップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP