やってはいけない受験勉強法5選

勉強

お子さんの高校受験、親として絶対に合格させたいですよね。

そこで今回は、やってはいけない受験勉強法を5つお伝えします。この中で1つでも当てはまっていたら、すぐにやめさせましょう。

それだけで偏差値が上がり、受験の合格率も上がります。お子さんがやっていないか、チェックリストとして活用してみてください。

1.計画を立てない

計画

計画を立てないと受験は失敗します。受験勉強は長期戦のため、計画ができていないと特定の分野で勉強量が不足するからです。

今の状況、目指すレベルなどを判断して、親子で一緒に計画表を作りましょう。

2.志望校が決まっていない状態で勉強

やる気でない

目標がないのに頑張っても、無意味な勉強になります。やる気が出ず、集中力が下がるからです。

後から変えてもいいので、仮にでも志望校を決めておくといいでしょう。

3.レベルに合わない問題集を使う

問題集

難しすぎたり簡単すぎたりすると、非効率的な勉強になります。勉強したのに目標の偏差値まで上がらないことになるでしょう。

志望校のレベル、子どものレベルに合った問題集を選ぶことが大切です。

4.受験対策のみを行う

受験対策

受験対策を優先して、定期テスト対策を疎かにしてはいけません。受験は、内申点と当日点の合計で決まるからです。

定期テスト対策は、内申点UPにつながるとともに受験対策にもなります。定期テストの2~3週間前は、定期テスト対策に集中させましょう。

5.長時間ひたすら勉強する

時計

長時間勉強を頑張っていても、後半の集中力は落ちてきます。45~50分間勉強したら、10~15分は休むというペースにさせましょう。

その方が、効率よく学習内容が身につくからです。休憩時には、散歩などをして体を動かすといいでしょう。

血流が良くなり、集中力が回復し、眠気防止にもなるからです。

本日のまとめ

計画を立てない、志望校が決まっていない状態で勉強、レベルに合わない問題集を使う、受験対策のみを行う、長時間ひたすら勉強する。

この5つをやっていても、合格率は効率よく上がりません。この逆を行うことで、偏差値が短期間で上がっていくはずです。

明日ですが、「部活ばかりして勉強しない子のサポート法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!やってはいけない受験勉強法5選

関連記事

  1. 高校受験

    元中学校教師が「高校受験の推薦基準」を暴露します!

  2. 離島

    人生を変えたい子にお勧め!離島留学制度

  3. モチベーション

    受験勉強のモチベーションが続かないときは?

  4. 受験失敗

    高校受験に失敗した時のケア方法

  5. 受験

    偏差値が低い学校を志望する子どものサポート法

  6. 高校受験で親にできるサポートって何?

  7. 受験

    高校受験で出題される範囲を公開

  8. 受験失敗

    高校受験に失敗した時、後悔する子の特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP