なぜ子どもは学校に行かなくなるのか?

不登校

nblog1

↑ 道山はいま何位?

12月に近づくにつれて、
少しずつ不登校の生徒が増えてくるのですが、
これってどうしてだかご存知でしょうか?

実は12月が近づくにつれて、
不登校になるきっかけ
たくさん出てくるからです。

子どもが不登校になるきっかけとは?

反対 子どもが不登校になるきっかけというのは、
例えば、

 
  • 友達と喧嘩をした
  • 先生から叱られた
  • 勉強についていけなくなった
 

と言うものです。

 

子どもだけでなく人間はみな、
普段の生活とは違った、
大きなストレスがかかると、
それがきっかけで不登校になります。

 

子どもたちの場合は、
それを「不登校」と呼びます。
大人の場合は、「欠勤」と言います。

 

名前が違うだけ
起きていることは同じなのです。

12月になると増える不登校のきっかけ

落ち込む子供 ではどうして12月になると、
子どもたちの不登校が増えてしまうのか?
主に2つのきっかけがあります。

きっかけ1 寒くなる

人間は寒くなる
どうしても家を出たくなくなります。

 

12月に近づくにつれて、
どんどん寒くなってくるので、
子どもたちの不登校は増えてくるのです。

きっかけ2 イベントがなくなる

冬 10月11月というのは、

 
  • 文化祭
  • 合唱コンクール
  • 体育大会
  • 学園祭
  • 部活の大会
  • 修学旅行
  • 遠足
 

など様々なイベントがあります。
だから多少嫌なことがあっても、
子どもたちはイベントを楽しみに頑張ります。

 

しかし12月に近づくにつれて、
そういったイベントがなくなってきます。
その結果学校に行く楽しみがなくなり、
不登校が増えてしまうのです。

不登校になる本当の原因とは?

不安 ここまでお伝えしたように、
12月になると不登校のきっかけとなる
出来事がたくさん増えてきます。

 

その結果、
お父さんお母さんたちは、
子どもの不登校に悩むようになるわけです

 

ただ、ここで考えてほしいのは、
上記はあくまでも不登校のきっかけであって
本当の原因ではありません。

 

本当の原因は何かというと、
いつも言っている「愛情不足」です。

 

親が間違った接し方をしてしまうことにより、
子どもが愛情不足状態なり、
その結果、少しストレスがかかっただけで、
不登校になってしまうわけです。

 

不登校になるきっかけが増える、
11月後半から12月にかけては、
特に愛情バロメータが下がらないように、
注意をすることが大事です。

 

あとさらに詳しい不登校の原因は、
下記の記事にもまとめていますので、
良かったら参考にしてみてください。

 

>>本当の不登校の原因はこちら

 

明日ですが、
「定期テストで全教科100点満点を取る方法」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. 文化祭

    子供が文化祭に来てほしくないと言ったら?

  2. 親の考え方

    親の考えが変わらない限り問題は別の形で起こる

  3. スマホ

    スマホを注意すると子供が暴れる場合の対処法

  4. 親の不満

    子どもが先生に対して親の不満を言う場合の対処法

  5. 小井出先生

    小井出先生の相談者アンケート

  6. 不登校の子は見守れば改善されるのか?

  7. 子供荒れる

    21世紀になってから子どもが荒れ始めた2つの理由

  8. 感情

    自分の感情をコントロールできない子の原因とは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP