勉強は朝か夜どちらがおすすめ?

朝

先日中学生本人から、
こんな質問を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

道山先生、
いつもLINEで記事を読んでいます。
質問なのですが、
朝勉強と夜勉強どちらがおすすめでしょうか?

勉強を朝やるか夜やるかは、
多くの中学生が悩むところです。
実は私もこのテーマに関しては、
かなり勉強しました。

その結果わかった2つの事実があります。
この事実を理解して勉強をすると、
学習効率が3倍になると思います。

人間の集中力が一番高い時間帯

朝
人間にとって、
最も集中力が高い時間帯って、
いつかご存知でしょうか?

 

答えは、
「朝起きてからの1時間」です。
この時間帯が最も頭がさえ、
勉強効率が上がります。

 

この時間帯に何をするかで、
あなたの運命が変わると言っても
過言ではありません。

 

私は健康が大切なので、
この時間帯はフレッシュジュースを飲んだり、
深呼吸をしたりしています。

 

あなたにとって、
勉強が大事なら勉強、
部活が大事なら朝練をするのが
良いと思います。

注意!人間には2つのタイプがある

夜
ここまで読むと、
朝に勉強するのが良いと
あなたは感じるでしょう。

 

しかしもう一つ大事なことがあります。
それは人間には朝型夜型の2タイプある
ということです。

 

私自身は完全な朝型です。
毎日22時には眠たくなります。
朝は何もしなくても7時には、
自然に目が覚めます。

 

一方で、
夜12時を超えたら、
集中力がアップする人もいます。

 

例えば私の友人に、
「オール5家庭教師yuki先生」
がいます。

 

※先生のことを知らない方は、
こちらをご覧ください。
>>オール5家庭教師yuki先生

 

yuki先生は、
愛知県で最も偏差値が高い、
名古屋大学卒業なのですが、
完全に夜型タイプです。

 

今でも仕事が最も集中できるのは、
夜中の2時ごろだそうです。

最優先は自分のタイプ

勉強
yuki先生以外にも、
朝早く起きるのは苦手だけど、
夜中になると集中力が上がり、
勉強も仕事もはかどるという友達がたくさんいます。

 

そういった方のことも考えると、
私の中での結論は、

 

優先順位1 自分のタイプ
優先順位2 朝起きてからの1時間
だと思っています。

 

朝が得意な方であれば、
起きてからの1時間に、
一番力を入れた勉強をしましょう。

 

その時間にテレビを見たり、
スマホでゲームをするのはもったいないです。
1時間勉強した後でゲームをしましょう。

 

朝が苦手な方であれば、
無理せず夜に勉強したほうが良いです。

本日のまとめ

スマホ
まずはあなたがどちらのタイプかを
考えてみてください。
そして今勉強している流れが、
自分のタイプに合っているか確認しましょう。

 

もし違っているなら、
自分のタイプに合わせたほうが良いです。

 

また朝型にもかかわらず、
起きてからの1時間で、
スマホやゲームをしているなら、
その時間を変えるようにしましょう。

 

同じ勉強をするとしても、
起きてからの1時間にするか、
寝る前の1時間にするかで、
3倍くらい効率が変わると思いますよ!

 

明日ですが、
「道山のメルマガ満足度調査2017」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. オンライン家庭教師

    オンライン家庭教師は成績が上がるのか?

  2. 成績上がらない

    たくさん勉強しても成績が上がらない原因

  3. 仮病

    子どもが仮病で休もうとするときは?

  4. くじ引き

    PTA役員はどのように決まっているのか?

  5. 中学生

    やりたいことがコロコロ変わる子どもへの考え方

  6. 素直じゃない子供

    素直ではない子供の直し方

  7. ご褒美

    ご褒美をあげるべきかあげないべきか

  8. 忘れる

    覚えた内容をすぐに忘れてしまう場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP