勉強を頑張れない受験生とその親へ

受験生

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

受験生です。なかなかやる気が起きません!どうすればいいですか?

お子さんがやる気が出ずに悩んでいるときに、親としてどのようにサポートすればいいか悩みますよね。

実は、勉強のやる気が出ない子には共通点があります。これらの点を改善するだけで、やる気も集中力も上がるでしょう。

今の時期は、ライバルも本気で頑張っている時期です。少しでも早く環境を整えることで、志望校にグッと近づくと思います。

なぜやる気が出ないかチェック

チェックする

まず、なぜやる気が出ないか、原因を知ることが大切です。そこで、次の5つの点をチェックしましょう。
  1. 親子関係(親子関係は悪くないか?子どもが家にいるだけでストレスを感じる環境になっていないか?)
  2. 志望校(明確か?心の底から行きたい志望校か?)
  3. 勉強方法(やり方がわからない、やるべきことが決まっていない状況になっていないか?)
  4. サポート環境(解説を読んでもわからないときに、教えてもらえる環境は整っているか?)
  5. 勉強環境(机がぐちゃぐちゃ、周りがうるさいなど学習の環境はどうか?)
以上5点、クリアできていますか?できていないところがあれば、改善することでやる気が出てくるでしょう。

すべて完璧なのにやる気が出ない2つの原因

やる気でない

上記ができているのにやる気が出ない場合、「志望校のレベル」と「疲れ」が影響している可能性があります。

勉強しなくても合格できたり、頑張っても受からなかったりするレベルの学校を志望校にしていると、やる気は出ません。

場合によっては、志望校の調整が必要となるでしょう。

また、勉強のし過ぎや睡眠不足などがあると、集中できません。1日、リフレッシュする時間を作り、体調面を整えていきましょう。

半強制的に勉強する3つのコツ

図書館

上記を整えたら、次の3つのことを意識して勉強してみてください。1つ目は、周りのパワーを使うことです。

家でコツコツやるよりも、周りが勉強している方が集中できる場合、積極的に図書館の自習室などを活用しましょう。

2つ目は、自分ごほうびを作ることです。「勉強を30分したら30分ゲーム」というように、楽しみをつくることで頑張れるでしょう。

3つ目は、短い勉強時間から始めることです。いきなり45分頑張るのではなく、まずは15分から始めていくといいでしょう。

少し頑張れば達成できる目標をつくることで、勉強へのハードルが下がり、結果的に勉強時間を増やすことができるはずです。

本日のまとめ

勉強する

子どもに勉強のやる気がない場合、親子関係、志望校、勉強方法、サポート環境、学習環境の5点をチェックしましょう。

できていないところを改善するだけでも、やる気は変わります。

さらに、自分ごほうびを作ったり、勉強環境を変えたりすることで、より集中できるようになるはずです。

明日ですが、「中学生では仕方ない子どもの行動3選」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!勉強を頑張れない受験生とその親へ

関連記事

  1. 作文

    合格率が上がる!高校受験の課題作文の書き方

  2. 夜の繁華街

    夜遊びをする子どもの対処法

  3. 面倒くさがり

    面倒くさがりな子の行動力UP法

  4. テレビ依存症

    テレビ依存症の子に親ができること

  5. 親子

    子どもを自立させる親の習慣

  6. 夫婦喧嘩

    夫婦の子育て方針が合わない場合の考え方

  7. 4月

    不登校の子の親が4月と5月で注意すること

  8. 道山ケイ

    道山はなぜ今の活動をしているのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP