元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

勉強に対するやる気が出ないときは?

やる気でない

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容を一部変更しております。

娘は今中2なのですが、
先生の教えをやってきているのですが、
波が激しく困っています。

 

よい状態の時はやる気満々
しかし、下がると朝からどーでもいいと。

 

甘えや弱さとの戦いをしてるようで、
きつく言わず見守っていますが、
これでいいのかわかりません。

子どもの勉強に対する
やる気が出ないといっても
理由はいろいろあります。

 

今回の相談者の方はおそらく、

  • きちんと動機づけはできている
  • 親子関係も良好
という状況にもかかわらず、

 

いざお子さんが勉強しようと
机に向かってもそれが長続きしない
という状況なのかなと思います。

 

この場合、
親としてどう対応すべきかについて
お話しします。

無理に勉強させる必要はない

見守る
親が子どもに勉強させるうえで、
できることって主に3つです。

 
  • 親子関係を良好にする
  • 動機づけをする
  • 勉強の仕方を伝えるなどのサポート
 

これら3つのみです。
今回の相談者の方は、
最初の2つはきちんとできています。
※3つ目は後程解説します。

 

で、仮に3つ目も、
きちんとできているとしたら、
もう親としてできることはありません。
後は見守ってあげればよいです

 

なぜなら、
仮にこれ以上勉強させようとしたら、
「恐怖」という感情を揺さぶれば、
勉強させることは可能です。

 

軽い恐怖でいうなら、
  • 勉強しなかったら小遣いを減らす
  • 勉強しなかったら叱る
 

激しい恐怖でいうなら、
  • 勉強しなかったら暴力
 

みたいな対応をすれば、
子どもは勉強すると思います
ただここで冷静に考えてほしいことがあります。

 

あなたは、
子どもの恐怖心をあおってまで、
勉強させたいと思いますか?
ということです。

 

私はそこまでする必要はない
と思っています。

 

なぜなら無理に勉強させて、
ワンランク上の高校に進学できたとしても、
その子は高校に入ってから辛い思いをします

 

その辛さに耐えられなかったら、
やめてしまう可能性だってあります。

 

それを考えると、
子どもの実力以上に勉強をさせて、
成績をあげなくてもよいと、
私は思っています。

勉強しなくてもイライラしないことが重要

イライラ
ただここで問題になるのは、
あなた自身の感情です。

 
  • 親子関係も良好
  • 動機づけもできている
 

という状況なのに、
子どもがなかなか勉強に取り掛かれない。
こういった状態を見て、
あなたはイライラしないでしょうか?

 

ここでイライラしてしまったら、
結局、

 
  • 勉強しなかったら小遣いを減らす
  • 勉強しなかったら叱る
  • グチグチ嫌味を言ってしまう
 

みたいな行動に出てしまうわけです。
すると愛情バロメータが下がり、
また振出し戻ってしまいます。

 

だからこの状態で一番大事なことは、
あなた自身がお子さんに対してイライラせず、
心の底から、

 
  • 毎日元気で生きているだけで幸せ
  • 反抗期が少ないだけでも幸せ
  • 高校に進学できるだけでも幸せ
 

と思ってあげることです。
最後は子どもの問題ではなく、
あなた自身が自分の感情を
コントロールできるかというわけです。

できるサポートと心のケアをする

夜食
もちろんこれが、
どれだけ難しいこと
私もよく理解しています。

 

ではもしイライラしそうになったり、
何かせずにはいられないと思ったら、
どうすればよいのか?

 
  • 勉強しなさいと叱る
  • 子どもが勉強しているか見張る
  • スマホやゲームを取り上げる
をしても効果はありません。
愛情バロメータが下がるだけです。
上記のような力技をするのではなく、
以下の2つをするように意識してみてください。

できるサポートをする

お子さんに、
「お母さんに手伝えることあったら言ってね」
と声をかけておき、
子どもがお願いをしてきたら、

 
  • 単語カードを作ってあげる
  • 丸付けをしてあげる
  • 問題を出してあげる
  • 面接練習に付き合ってあげる
 

などをしてあげましょう。
お願いしてこなければ、

 
  • 飲み物を持っていく
  • 夜食を作ってあげる
くらいしてあげると喜びます。

心のケアをする

学校で嫌なことがあったり、
受験に対して不安な気持ち出てくると、
子どもは勉強に集中できなくなります。
なぜなら心にストレスがたまってくるからです。

 

それを唯一癒してあげられるのが家庭です。
こういった状況になっていたら、
勉強のことはいったんおいておいて、
子どもの話をできる限り聞いてあげてください。

 

そして解決するうえで、
親にできることがあるなら、
できる限り解決するように
サポートしてあげてください。

 

親ができることは、
「勉強しなさい」と
子どもを叱ることではありません。
まずは上記の2つから始めてみてくださいね。

 

明日ですが、
「道山が最近読んだおすすめ本」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
    • 林 葉子
    • 2017年 6月 26日

    今、小6の男の子がいます。
    今年から再婚して転校してきました。

    転校前までは、私の実家で暮らしていました。
    私は朝から晩まで仕事をし、まともに顔を合わせて話すのは、土日の昼間と朝の登校前でした。
    今は、仕事をやめ、帰ってきた時には「おかえりなさい」が言える環境にあります。

    元々、宿題をせず…。やってなくても夕方私が電話をして聞いても「やったよ!」と言う子どもでした。本当にやった時は、仕事中でも自分から電話してきて「今日はもう宿題終わったよ。お母さん何時に帰って来る?」など連絡をくれました。

    今は、帰ってきたら、「今日はどうだった?」「今日の宿題何?一緒にやろう!」と声掛けして同じ部屋にいます。

    ただ、一緒にやっている時は良いのですが、やりたくない、遊びたい、となるとやっていなくても「今日はもうやったから」
    「学校でやってきたから」など嘘をつきます。

    言わないとやれない、嘘をつく、など、どうしたらいいか…わかりません。何か良い方法を教えてください!

    • 嘘をつくのは、やらないと叱られるからです。叱るのをやめてやったときだけ褒めるようにすれば嘘はなくなりますよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ