子どもが家で暴れる原因と解決法

暴れる

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

小3男子です。父親が過干渉しすぎたせいで、毎日暴れています。いろんな塾に無理やり入れたと恨んでいます。

きっかけは年中からずっと続いている学校でのいじめです。

いじめられた日には、夕食後などに家で暴れて、全部お父さんのせいだと言って物を投げつけてきます。

今日は、宿題に全く手がつかずに、それを促しただけで暴れていました。どうしたらいいでしょうか。

この相談を読んで、あなたはどのように感じましたか?私は正直、「自分がこの子だったら、同じように暴れるだろうな」と思ってしまいました。

お父さんやお母さんが悪いわけではありません。しかし、子どもの気持ちにあった対応法をしないと、いつまで経っても落ち着きません。

本日お伝えする原因と解決法を理解し、対応を変えていけば、暴れることもなくなるはずです。良好な親子関係作りにもつながるので、参考にしていただければと思います。

子どもが暴れる3つの原因

親子

子どもが暴れる原因は、主に3つあります。1つ目は、愛情不足です。過干渉の育児をしたり、子どもの要求を聞かなかったりすると、愛情不足になります。

すると「何で僕の気持ちをわかってくれないの?」という反発心から、暴れることがあります。

2つ目は、対処法がわからないからです。子どもは「思い通りにならなかったときにどうすればいいのか」がわからず、癇癪を起こすことがあります。

主に幼児~小学校低学年の子に多いといえるでしょう。

3つ目は、発達障害です。うまくいかないとパニックになったり、すぐにカッとなったりする場合、発達障害の可能性もあります。

この場合は、児童精神科医などとの連携が必要です。

ステップ1.愛情バロメータUP

愛情

今回の相談者さんの場合、「愛情不足」が原因である可能性が高いです。父親が過干渉とあるからです。まずはこれをやめましょう。

父親が過干渉をやめないなら、母親が止めないといけません。そうでないと、子どもは「お母さんはお父さんの味方」だと感じるからです。

また、お母さんも「宿題を促している」と書いてあります。厳しい話にはなりますが、現状宿題ができる状況ではありません。

つまり、宿題や勉強のことはすべて忘れ、愛情バロメータUPのことにすべての意識を向けることが大切です。

ステップ2.いじめを解決する

電話をする

また、子どものいじめが続いているのも問題です。いじめは、大人が介入して解決する必要があります。

早い段階で先生に相談して解決策を見出したり、学校を変えたりしましょう。

いじめられているのに何も介入しないと、子どもは「何で助けてくれないの?」と親に対しての不信感を持ってしまいます。

この状況では、子どもは怒って当然です。

ステップ3.対処法を伝える

主婦

相談者さんのお子さんは、現状イライラしたときの対処法が「暴れる」のみになっています。そのため、対処法を教えてあげましょう。

小3であれば「イライラしたときは、このクッションをソファに向かって投げたら?」と伝えてみましょう。

安全にイライラを一旦抑えられる方法であれば、何でも大丈夫です。高学年以降であれば、「外の空気を吸うと気持ちが落ち着くよ」など教えてあげましょう。

愛情不足を解消し、イライラの対処法を教えてあげるだけで、1ヶ月もあれば暴れることはなくなるはずです。

本日のまとめ

親子

子どもが家で暴れる原因は、愛情不足、対処法がわからない、発達障害、この3つです。

パートナーが過干渉の場合、止めることが大切です。愛情バロメータを上げ、いじめは親が早い段階で対応しましょう。

その上で、イライラの対処法を教えてあげることで、暴れることもなくなるはずです。

明日ですが、「成績が上がる暗記の仕方TOP3」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもが家で暴れる原因と解決法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 叱る

    子どもを伸ばす親と潰す親の違いTOP3

  2. 時間

    時間を守れない中学生への対応法

  3. 勉強する

    吉田松陰の名言からわかる!勉強させる方法

  4. 子供

    子どもの性格タイプを理解しよう

  5. キレる子供

    なぜ子どもは逆ギレするのか?

  6. スマホ

    スマホゲームをするだけで英単語力UP

  7. 反抗期

    発達障害の子の反抗期対応法

  8. 習い事

    習い事続かない問題の対応法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP