問題集や参考書は親が買うな!

親子本選び

nblog1 ← 道山はいま何位?

子供が勉強に対してやる気にならない
という悩みを持っている家庭の特徴の一つに、
「親が問題集や参考書を買っている」というものがあります。

要するに、親が本屋さんやアマゾンで参考書を買い、
「これをやりなさい」と言って、
子どもに買い与えているわけです

もちろん選んでいる参考書は、
私がおすすめしている参考書なので、
内容自体は悪くないと思います。

でもこれだと、絶対に成績は上がりません!
その理由を説明します。

人間は自分で決めるからこそ実践できる

本屋
そもそも親と言うのは、
子どもにあれしろこれしろとは絶対に言ってはいけません。

 

もちろん絶対にダメなことである

 
  • 非行
  • いじめ
  • 他人に迷惑をかけること
 

などは仕方がないですが、
それ以外は基本的に言わない方が良いです

 

じゃあどうやって導くのかと言うと、
●選択肢を与えてあげる
●お母さんならこうするけどと自分の意志を言う
●一度失敗させて自ら学ばせる
という感じで進めた方が良いです。

 

問題集選びも全く同じです。
親が買ってきて渡したところで、
その問題集は子どもが選んだものではありません。

 

だから子どもはやる気が出ません。
こういった形にするのではなく、
親子で一緒に本屋さんに行って、

 

●道山先生はこの本がおすすめって言ってたよ
●でもあなたが使いやすいものを選べばよいと思うよ

 

と言う感じで、一つはおすすめの物を教えてあげて、
最後は子どもに決めさせるのが大事です。
またもしこの方法で変な参考書を選んだ場合、
成績は思うように上がりません。

 

そうなったタイミングでその理由を伝えてあげると、
●一度失敗させて自ら学ばせる
の原則で子どもは学ぶことができます。

意志のない人間になってしまう

不登校の子ども
もし親があれこれ決めてしまうと、
子どもはどうなってしまうのか?
まず最初に起こるのが、
自分で物事を決められなくなるということです。

 

普段会社で働いているお父さんであれば
すごくわかると思うのですが、
今の社会人と言うのはとにかく
指示がないと動けない人が多いです。

 

これは完全に、親があれこれ支持をし続けて育ててしまった
ことが原因だと思います。

 

当たり前ですが自分で
物事を決められないということは、

 

●いらないものを買わされる
●適当に就職先を決めてしまう
●人に振り回せる人生を歩むことになる
という状態になります。

 

自分で物事を決められなくなるくらいであれば、
まだ社会で生きていくことができるのですが、
もっとひどくなるといわゆる
「無気力人間」になってしまいます。

 

●引きこもり
●ニート

 

などになってからでは本当に遅いので、
普段から親があれこれ指図するのは、
絶対にやめてくださいね。

 

子どもの人生は親が決めるものではない!
子ども自身が決めるものだ!
と考えるようにしましょう。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 親子勉強

    学習障害の子の勉強サポート法

  2. 100点

    全教科100点満点を取る方法

  3. ご褒美

    子どもの勉強に対するやる気がなくなる流れとは?

  4. テスト対策

    定期テスト対策で最初にやるべきこと

  5. 5教科の合計が449点になった成果報告

  6. 図書館

    やる気はあるのに家だと勉強できない子の対策とは!?

  7. 学習塾

    学習塾を辞めさせるべきかどうかの判断方法

  8. 勉強部屋

    集中力がアップするための机の配置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP