勉強に時間制限を掛けることで達成感を味わうことができる!

達成感

 ← 道山はいま何位?

昨日少し説明したのですが、

人間と言うのは、何かを成し遂げようとして、

それができたとき、頭の中にドーパミンと言う

気持ちよさの物質が出ます。

 

例えば勉強で、

今までできなかった問題が解けたときは、

このドーパミンが出るのです。

 

この

問題を解く⇒ドーパミンが出る

というサイクルを繰り返していくと

勉強がどんどん楽しくなります。

時間制限をつけてみましょう!

で今日はこの話の少し応用編になります。

このドーパミンを効率良く出す方法があります。

 

 

それは何かというと、

勉強に時間制限を付けることです。

 

 

例えば数学の問題を解くときに、

初めて解けた問題については、

達成感を味わうことができるので、

ドーパミンが出ます。

 

達成感を味わうことで勉強が楽しくなります!

ただ同じ問題を繰り返し解いていく過程では、

なかなかこの達成感を味わうことができません。

 

 

だからどんどんやる気がなくなっていき、

ついだらだらしてしまうようになるのです。

ではどうしたらよいのかと言うと、

 

 

1回目 ⇒ 普通に解く

2回目 ⇒ 10分以内で解けるようにする

3回目 ⇒ 7分以内で解けるようにする

4回目 ⇒ 5分以内で解けるようにする

 

 

と言う感じで、時間制限を付けると良いです。

最初は15分かかっていた問題が5分で解けるようになったら、

人間は達成感を味わうことができます。

その結果勉強が楽しくなるのです。

 

 

授業が上手な教師と言うのは、

この仕組みをよく理解しているので、

こんな勉強方法を取り入れます。

 

 

「じゃあ今から5番と6番の問題を解くぞ」

「できた人から先生のところに持って来なさい」

すると子どもたちは、

「俺が一番だ!」という気持ちで必死に問題を解きます。

 

 

その結果、

早く解けた子は、たくさんのドーパミンが出て、

勉強が好きになるのです。

 

 

逆に今回早く解けなかった子は、

次はもっと早く解くぞと言って勉強を頑張るわけです。

 

 

ちなみに社会や理科などのワークを

暗記していくときも同じです。

前回よりも早く解くことができると、

ドーパミンが出るので気持ちよくなります。

 

 

その結果、

覚えるのがどんどん楽しくなっていくわけです。

勉強はちょっとした工夫で、一気に楽しくなっていくので、

是非実践してみてくださいね。

 

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 通学中勉強

    バスや電車で出来る勉強方法について

  2. 勉強

    素直じゃない子どもに勉強させる方法

  3. うたた寝

    部活で疲れて寝てしまう時の対策法

  4. 家庭教師

    嫌いな家庭教師の先生はどうすべきか?

  5. 100点

    高得点を維持する方程式

  6. オンライン家庭教師

    オンライン家庭教師は成績が上がるのか?

  7. 数学

    中学生の数学の勉強方法まとめました!

  8. 勉強しない

    仕事から帰ってくると子どもが勉強していない悩み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP