目的で考える!正しい学習塾の選び方

塾

 ← 道山はいま何位?

あなたの家の周りにも、
いろいろな学習塾があると思います。

たくさんあるので、
いざ学習塾に入れようと思っても、
どこに入れたらよいのか混乱すると思います。

実は学習塾に入れるとき、
その選び方は目的によって異なります。

成績を上げる目的

成績アップ
成績を上げたいと思うのであれば、
基本的に個別学習塾の方が良いです。

 

11月29日の記事にも書きましたが、
成績を上げる上で一番効率的な方法は、自宅学習です。
ただ自宅学習の場合、

 
  • わからないところを質問することができない
  • 家で勉強できない子は集中力が下がる
 
というデメリットがあります。
この2つのデメリットを
無くしてくれるのが、個別学習塾です。

 

一人で黙々と勉強して、
わからないところだけを質問できるので、
成績は確実に上がりますよね。

 

ビリギャルで有名な坪田先生の学習塾も
この形態をとっています。

 

もっと細かいことを言うと、
あえて友達が通っていない、
自宅から少し離れた塾を選んだ方が、

 

塾の帰りに友達と遊びに行くことがなくなるので、
更に成績が上がる可能性は上がります。

友達との交流を考える

価値観の合う友達
11月29日の記事にも書きましたが、
学習塾に通うと友達と接する時間が増える
というメリットがあります。

 

このメリットを最大限発揮するためには、
仲の良い友達が通っている塾を選ぶ」
ということが大事になります。

 

成績アップだけを考えると、自宅から遠い個別学習塾か
自宅学習+家庭教師の方が良いのですが、
友達が通っている塾が集団学習塾で、

 

友達と接する時間が増やして、
深い人間関係を作ることが目的なのであれば、
あえて自宅から近い集団学習塾に
入れるのも良いと思います。

 

大切なことは、何のために塾に入れるのかと言うことです。
これを考えて選べば、
間違えない塾の選択ができるようになります。
最後に一つ大切なお話をします。

 
  • 成績を上げるという目的
  • 友達との関係を良くするという目的
 
これら2つの目的の中で、
どちらを選ぶべきかを決めるのは、子ども自身です。

 

もしあなたのお子さんが、
「○○君が行っている塾に行きたい」と言ったら、
子どもは後者の目的で、
塾に行きたいと言っているわけです。

 

であれば、「その塾に行っても成績上がらないでしょ!」
と文句を言うのではなく、
子どもが望む塾に入れてあげた方が、
私は良いのかなと感じます。

 

逆に子どもが、
「○○塾はいつもうるさくて勉強できないから、
誰も言っていない静かな塾に変わりたい」
と言ったとします。

 

この場合子どもは前者の目的で
学習塾を変わりたいと言っているわけです。
であればそれを認めてあげた方が、私は良いと思います。

 

学習塾の目的=成績を上げることのみ
と考えてしまうと、つい考え方が狭くなってしまうのですが、
成績を上げることと同じくらい、

 

深い人間関係を作ったり、
子供の意見を尊重してあげる
ということも大事なので、
大きな心をもって、子どもの話を聞いてあげてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 塾

    道山流!良い塾悪い塾の見分け方

  2. スマホ

    スタディサプリで成績は上がるのか?

  3. パソコン

    動画授業アプリの上手な活用方法

  4. 問題集

    中学生にオススメの問題集の選び方

  5. 音楽

    音楽を聴きながら勉強をしても良いのか?

  6. 貼る

    壁に紙を貼る記憶法は効果的なのか?

  7. 勉強机

    家だと勉強ができない悩みの解決法

  8. 国語

    高校生におすすめの参考書(国語)を紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP