言わないと勉強しない子への対応法

勉強しない子供

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中1の娘。夏休み中に「宿題やりなさい」と伝えたら、(道山先生の本を持ってきて)「これちゃんと読んで!」と言われました。

やりなさいと言ってほしくないとわかったので、言いませんでした。その結果、夏休みの宿題は終わらず。始業式当日、「宿題をやってなくて叱られるのが嫌だから」と学校を休みました。

私はどうしたら良かったのでしょうか?「勉強しなさい」「宿題しなさい」は言わないほうがいいのでしょうか?

私は自身の書籍の中で、「しなさい言葉はやめた方がいい」と書いています。

ただし、宿題や勉強のことを一切言ってはいけないわけではありません。何も言わないと勉強しない子には、親がサポートをする必要があります。

そこで本日は、「勉強しなさい」と言わずに子どもに勉強をさせる方法をお伝えしましょう。

手順通りに行えば、子どもとの関係を悪化させることなく、机に向かわせることができます。

子どもが本当に言いたかったこと

親子

思春期の子どもは、「〇〇しなさい」と言われることを嫌います。今回の相談者さんのお子さんも、このことが言いたかったのでしょう。

では、どうすればよかったのでしょうか。答えは「言葉を変える」です。
  • 「早く宿題しなさい」ではなく、「宿題どれくらい進んでる?」
  • 「ゲームをやめなさい」ではなく、「何のゲームしてるの?」(ゲームが終わった後で)「ゲーム楽しかった?そういえば宿題はどんな感じ?」
このような言い方であれば、強制をしていないので、嫌な気持ちにはならないでしょう。

宿題のサポートをしてはいけないわけではなく、サポートの仕方を変えることが大切なのです。

宿題を親が手伝う具体的な流れ

愛情

では、実際に宿題をやっていない場合、どのように親が手伝えばいいのでしょうか。

はじめに「愛情バロメータUP」です。日頃から、子どもと話ができる関係をつくっておきましょう。

次に「終わらせる期日を決める」です。期日がないと、人は行動できません。子どもと相談して、宿題をいつまでに終わらせるかを決めましょう。

このとき、「丸付けとかならできるから言ってね」などと、親が手伝えることを伝えておくといいです。

最後に「終わらなかったときどうするか決める」をしましょう。期日になっても終わらない場合、親が手伝うのか、終わるまでゲーム禁止するのかなどを、事前に話し合っておきます。

ここからの挽回方法

親子で宿題

今回の相談者さんの場合、「叱られるのが嫌」という理由で学校へ行かないとのことでした。

この場合は、答えを写してでもいいので宿題を終わらせましょう。このときは、親も一緒に手伝ってあげるといいです。

これでも学校へ行けない場合は、原因は他にあります。

愛情バロメータが低いのか、友達とトラブルがあって行きたくないのか、原因を突き止めましょう。

こちらを解決することで、学校に行けるようになります。

本日のまとめ

宿題

宿題をやらない子には「宿題をしなさい」ではなく、「宿題はどう?進んでる?」と言葉を変えて伝えましょう。

また事前に終わらせる期日を決めて、親も丸付けなどできることを手伝う流れをつくることが大切です。

明日ですが、「受験に勝ち抜く効率的な学習法3選」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!言わないと勉強しない子への対応法

関連記事

  1. 門限

    門限を守らない中学生の改善法

  2. 勉強

    【元教師が解説】効果的な予習と復習の仕方とは?

  3. 中学生

    子どもがいじめられた時にすべき対応

  4. バレーボール

    スポーツ推薦合格後は勉強すべき?

  5. 保健室

    別室登校のメリットとデメリット

  6. 割れた皿

    子どもが物に当たるときの対処法

  7. ゲーム

    宿題とゲームはどちらが先?

  8. マイペース

    マイペースな子どもの子育て法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP