漢字と国語文法が苦手な悩みの解決法

国語

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

国語の漢字と文法が分かりません
どうすればよいですか?

中学生本人から届いた
非常にシンプルな相談です。
実は国語の漢字と文法が
苦手な原因って180度異なります。

 

それぞれの原因と対策をまとめます。
国語が苦手な子のお母様は、
次のテストでの点数アップに
繋がるお話だと思いますよ。

漢字は努力したかどうかが全て

単語カード
まず漢字なのですが、
これが苦手な原因は、
「勉強不足」です。

 

もちろん多少は、
勉強のやり方でも差が出ます。
ただどれだけ効率が悪くても、
努力すればできるものです。

 

それが苦手というのは、
単に「努力していない」だけです。

 

もし漢字が苦手なら、
まずは単語カードを使って、
1日10個ずつ覚えてください。

 

それを2週間続ければ、
最低でも100個は覚えられるので、
定期テストの漢字くらいなら、
8割以上できるはずです。

文法は考えて理解できるものではない

家庭教師
私自身、国語が苦手でした。
だから苦手な子の気持ちが
よくわかります。

 

国語が苦手な子は、
文法もかなり苦手です。

 

得意な子は特に勉強しなくても
感覚でできるのですが、
苦手な子は解説を読んでもわかりません。

 

ここでどうすべきかというと、
解説を読んで悩んではダメです。
時間の無駄だからです。
わかる人に聞くようにしてください。

 
  • 塾の先生や家庭教師
  • 国語担当の先生
  • 親や兄弟や友達
 

などに聞いたほうが早いです。
つまり文法が苦手な子は、
質問するのが苦手ということです。
ここを克服できれば点数は上がります。

苦手な分野や教科によって子どもの特徴がわかる

勉強
漢字と文法だけでも、
  • そもそも努力していない子
  • 質問するのが苦手な子
という感じで2パターンに分かれます。

 

実は勉強というのは、
苦手な分野や教科によって、
上記のような子どもの特徴
いろいろ見えてきます。

 

それを理解したうえで、
苦手分野は克服し、
得意分野を伸ばすと良いです。

 

ただ闇雲に気合だけでやっても
成績は上がりません。
少し意識して行うことが大事です。

本日のまとめ

国語
国語が苦手な子にも、
いろいろなパターンがあります。

 

まずはお子さんがどのパターン
当てはまるかをしっかり考える。
その上で対策を練っていく。
これが効率よく成績を上げるコツです。

 

なお国語の勉強法については、
こちらのページにもまとめてあるので、
参考にしてみてください。
>>国語の成績を上げる方法

 

明日ですが、
「ワーキングメモリ切れに注意しよう」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 社会の教科書

    中学生の社会の勉強方法をまとめました!

  2. 5教科合計131点上がった成果報告

  3. 部活

    志望校は校風と部活のどちらで選ぶべき?

  4. 問題集

    あれもこれも状態になると成績は上がらない

  5. 成績アップ

    最近頂いた道山流学習法の成果報告を紹介します!

  6. わがまま

    わがままと甘えの見分け方

  7. 悪さをする友達

    悪さをする友達は悪い友達なのか?

  8. 5教科の合計が449点になった成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP