元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

高校受験の進路選択が失敗する一番の理由

進路選択

nblog1 ← 道山はいま何位?

先日中学生本人から、
こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容を一部変更しております。

私は行きたい高校が出来ました。
お母さんに言ったらあなたには向いていない
こっちに行きなよと言われて、
いつもなんやかんやで言い争いになります。

進路って親が決めるものなのですか?
今とても悩んでいます。

 

この相談は中学生本人からのものなのですが
読んでいて本当に胸が苦しくなりました。
今日はこういった中学生が一人でも減るように、
記事を書いていきたいと思います。

中学卒業後の進路は親が決めるものではない

親子喧嘩
きっと今回相談をくれた子のお母さんは、
いろいろ考えた末に、
「こっちの進路の方があなたには合うよ」
と教えてくれたのだと思います。

 

だからこのお母さんを、私は否定するつもりは少しもありません。
ただこういった子どもとの争いを続ける

子どもは勉強するのが嫌になります。
これは仕事に例えると良くわかります。

 

例えばあなたは将来、
人とかかわる仕事に就きたいと考えているとします。
※例 教師 看護師 保育士など

 

こういった職業に就くために、
必死に勉強を頑張ろうと思っているとします。

 

そんな時にお母さんから、
「あなたは人と関わると問題起こすからやめなさい」
「毎日パソコンに向かっている仕事の方が楽でいいの」

 

と言われ、無理やり将来パソコンに関わる仕事に
就かされてしまうとします。
こんな人生、あなたはどう思うでしょうか?
私なら絶対に嫌ですね。

受験において親は選択肢を増やすのが仕事

夢
今度の高校受験やる気UP勉強会でも
しっかりお話しする予定なのですが、
受験で親がすべきことは、子どもの進路を決めることではありません。

 

子どもの進路は、子ども自身が決めるものです。
親がすべきことと言うのは、
進路を決めるための選択肢を増やすなどのサポートをしてあげること

 

ここを間違えると、進路選択は絶対に失敗します。
親と子では進むべき道が全く異なります。
同じ血が流れていても他人なのが親子なのです。

 

子どもの人生は子どもに決めさせてあげる。
これが私は大事だと思っています。

親が変わってくれないと悩んでいる中学生本人へ

ラインモバイル
もしあなたのお父さんお母さんが、
無理やりあなたの進路を決めようとしているとしたら、
まずは学校の先生に相談をしてください。

 

きちんとあなたのことを考えてくれる先生なら、
上手にお父さんかお母さんに話をしてくれるはずです。
あと、おじいちゃんおばあちゃんに
相談をしてみるのも一つの手です。

 

お父さんお母さんにとっての親なので、
上手に話をしてくれるかもしれません。
あともしあなたがLINEをやっているとしたら、

 

>>こちらからLINEで友だち追加

 

から道山を友達登録してください。

 

この記事と同じ記事を、タイムラインにも投稿しているので、
それを共有してください。

 

あなたがこの記事を共有することで
あなたのお父さんやお母さんのLINEのタイムラインにも
自然にこの記事が表示されます。
※もちろんあなたが共有したことはわかりません。

 

その結果、少しだけ考え方を変えてくれるかもしれません。
自分が望まない進路に進んでしまうと、後で必ず後悔してしまうので、
進路選択だけは自分の意志を貫くこと私は大事だと思っています。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ