元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

5教科の合計が449点になった成果報告

本日は最近頂いた2名の成果報告を紹介します。
1名は小林さんで、昨年の12月に、
私の定期テスト対策プログラムに
参加してくださいました。

 

その後次のテストで、
5教科の合計が55点アップしました。
3月には成果報告を頂いていたのですが、
掲載が遅れてしまいこのたび紹介することになりました。

 

もう1名は島田さんで、
今年の4月に私の定期テスト対策プログラム
参加してくださいました。

 

そして今回のテストで、
5教科の順位が半分になりました。
合計点も449点を取れています。

 

2名とも大きく成績が上がっているので、
今定期テストの成績を上げたいと思う場合、
非常に参考になる成果報告だと思います。

小林さんの成果報告:全教科成績UP


※スマホ拡大図※


小林さんのお子さんのすごいところは、
平均点が6点しか上がっていないにも関わらず、
全教科の点数が上がっていることです。

 

成績を上げるうえで、
最初にやるべきことは上がりやすい教科に絞り
点数を上げていくことです。

 

その後自信がついてきたら、
苦手な教科の対策をしていくと、
効率良く点数を上げられます。

 

しかし小林さんは最初から、
5教科全ての対策をされました。
これをするためには、
勉強量を増やさないといけません。

 

きっとお母さまが協力して、
親子で取り組んでいったのだと思います。
その結果全教科で成績アップという成果を
出すことができたのだと思います。

 

素敵な成果を送ってくださった小林さん親子、
本当にありがとうございました。

島田さんの成果報告:5教科449点達成


※スマホ拡大図※


島田さん親子のすごいところは、
きちんと親子関係から修正して、
成績を上げていったことです。

 

というのも、
頂いた感想の中に、
こんなフレーズがありました。

 

中学生になって部活が忙しくなり、学校から帰るとご飯、お風呂、時間割をして寝る…の繰り返しでテストが近くなってもエンジンがかからないようなかんじでした。

そんな姿を見ていると親の方が焦ってしまい、少しでも覚えて欲しくて一所懸命勉強を教えるのですが、本人も最初のうちは熱心にやるのですが、結局集中力は続かず、そのうちに口喧嘩になりやる気が全く無くなってしまったりと一時期本当に険悪なムードが家中漂っていました。

 

これはどの家庭にもよくある
部活が忙しくて寝てしまう⇒親がイライラ
⇒勉強しなさいという⇒親子関係が悪化
という悪循環です。

 

ここでお母さまが、
一旦成績は置いておいて、
愛情バロメータを上げることに集中しよう
と意識することができると成績は上がります。

 

しかしいつまでも
「勉強勉強」と言ってしまうと、
親子関係はさらに悪化して、
成績も上がらないわけです。

 

島田さんのお母様は、
ここがきちんとできたからこそ、
今回大きく成績を上げることが
できたのだと思います。

 

素敵な成果を送ってくださった
島田さん親子本当にありがとうございました。

成績を上げる3つのサポート

今回の2名の方に共通しているのは、
親がしっかりサポートしたと言うことです。
では親はどういったサポートをすれば、
子どもの成績を上げることができるのか。

 

私が推奨するのは、
主に次の3つのサポートになります。

愛情バロメータを上げること

これはサポートというよりも、
常にやるべきことです。
愛情バロメータを上げない限り、
成績は絶対に上がりません。

 

それどころか、
子どもが親の言うことを聞かなくなり、
次第に不登校や非行になります。
日ごろから愛情バロメータを上げるよう努力しましょう。

動機付けをしっかりすること

愛情バロメータが上がってくると、
子供に勉強の大切さ伝えることができます。
そこでこう伝えてあげてください。

 

お母さんはあなたが勉強してもしなくても
どちらでもいいと思っているよ。

 

ただあなたが勉強を頑張りたいなら、
ご褒美という形でやる気が出るよう
サポートしたいと思うんだけどどう?

 

これだと、
「勉強しなさい」という形ではないので、
愛情バロメータは下がりません。
動機付けもできるのでやる気もアップさせられます。

子どもが求めるサポートを行う

最後は子どもが求めるサポートを行う
ということです。
  • 問題を出してあげる
  • 丸付けをしてあげる
  • 単語カードを作ってあげる
  • 肩をもんであげる
 

何でもよいので、
子どもが求めるサポートを行ってあげてください。
これをしないと、結局子どもは、
「親にやらされている」と感じるため、
いずれ勉強をしなくなります。

 

親も犠牲を払うことで
親子で勉強に取り組むという図式になり、
愛情バロメータが下がらず成績を上げることができます。

 

今回成果を送ってくださった2名のお母様は、
この3ステップがしっかりできていたため、
スムーズに成績が上がりました。

 

もしあなたがのお子さんが今、
成績が上がらない状態であれば、
きっとどこかができていないと思います。
足りていないところ追加してみてください。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

道山ケイ

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報