勉強しかさせない=ブラック企業

子供に合う勉強量

nblog1 ← 道山はいま何位?

私たちは知らないうちに、

  • 勉強を頑張る子⇒良い子
  • 勉強をさぼる子⇒悪い子
という洗脳を受けています。

 

その結果、知らないうちに、
「早く勉強しなさい」
「いつまで遊んでいるの?宿題はやった?」
「だらだらするなら勉強しなさい」

 

と暇さえあれば子どもを勉強させよう
と考えてしまいます。
でも冷静に考えてみてください。

中学生は大人以上に仕事をしている

塾
子どもたちと言うのは、
朝9時から夕方15時くらいまで、
5時間くらい学校で勉強しています。

 

その後部活を2時間くらいやって、
家に帰ってきた後は2時間塾に行きます。
そして塾から帰ってきたら、また親から
「早く宿題をやりなさい」と言われるわけです。

 

既に9時間の勉強、部活、塾と、頑張ってきたのに、
まだ宿題をやらされるわけです。

 

これって冷静に考えると、
最近世間で叩かれているブラック企業と同じ構造ですよね?
会社の場合はこういう状況になると、
労働組合立ち上がり、交渉をしてくれます。

 

そういった組合がない会社だと、
社員は鬱になって退職してしまいます。
でも子どもたちと言うのは、
労働組合もないですし退職もできません。

 

だからどうするかと言うと、

 
  • 不良になり夜外に遊びに行く
  • 引きこもりになり部屋からでなくなる
という行動を取るわけです。

 

勉強は大事だけどそれ以上に大事なこと

イライラ解消
もちろん今の世の中と言うのは、まだまだ学力社会です。
弁護士、医者、パイロット、会計士などになるためには、
オール5近くの成績を取らないといけません。
だから勉強をするのはとても大事なことです

 

ただそれは子どもが望む場合のみです。
パイロットになりたいなら、
成績を伸ばす手伝いをしてあげるのが親の役目です。

 

ただ料理人になりたい子どもを、
無理にオール4にする必要はありません。
オール2でも入れる専門学校もあるからです。

 

大事なことは、その子にとって必要な学力はどれくらいかを
しっかりと判断して、そのレベルまでは上げるサポートをしてあげる。

 

それ以上は、無理に勉強ばかりさせるのではなく、
学校と言う社会でたまったストレスを解消するように話を聞いてあげる。
これが大事だと私は思います。
勉強のさせ過ぎには注意してくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. おすすめ家庭教師

    道山流おすすめ家庭教師マニュアル2016をお配りします

  2. 精神状態

    子どもが勉強できる精神状態とは?

  3. スタバ

    最近流行っているスタバ学習はありか?

  4. 保存版!冬休みの勉強法

  5. 階段

    子どもの態度を変える魔法の方法はあるのか?

  6. 勉強

    子ども向け!なぜ勉強するのか?

  7. 提出物

    子どもに提出物を出させる方法

  8. 勉強

    24時間365日学習で成績は上がるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP