高校受験の真実TOP3

受験

こんばんは。思春期の子育てアドバイザーの道山ケイです。本日は「高校受験の真実TOP3」というお話をします。

高校受験って、ほとんどの子は人生で一度しか経験しません。そのため、間違った理解をしている方が多いです。

そこで本日は、私が今までに3,000組以上の受験生の親子をサポートしてわかった、高校受験の真実をランキング形式でお伝えします。

この3つを意識して志望校を選べば、入学後に苦労したりやめたりする確率が減るでしょう。充実した高校生活を送り、夢実現に近づくはずです。

第3位 偏差値の高い高校に合格=勝ち組ではない

頭を抱える

「できるだけ偏差値が高い高校に入れたい」と思う方は、少なくありません。

しかし、偏差値が高い学校は、授業のレベルが高く、人の何倍もの勉強時間が必要となります。

赤点(平均点の半分)が続くと、留年や退学ということにもなりかねません。部活や自由時間を、犠牲にしなければならないこともあるでしょう。

つまり、実力以上に高い偏差値の学校に進学すると、ついていくのが結構大変です。この現実を理解して、志望校を決めましょう。

第2位 家からの距離を軽視すると痛い目にあう

起きられない

片道1時間半以上かかる学校に入学し、通学が苦痛で悩んでいる高校生って意外と多いです。

心の底から通いたい学校であれば、頑張って行くことができるでしょう。しかしほとんどの場合、通学時間はストレスになります。

朝練のために5時半に家を出たり、帰宅時間が21時過ぎになったりすることもあるでしょう。

ストレスがたまり、生活リズムが崩れ、朝起きられなくなってしまうことにもなりかねません。この事実を理解して、学校を選びましょう。

第1位 「友達」は高校を決める決定打にはならない

友達

「友達や恋人が行くから」という理由だけで、高校を選ぶ子もいます。しかし、高校進学後は人間関係が変わることが多いです。

高校に入れば、新しい出会いがあるからです。また友達や恋人が、必ず合格するわけではありません。

自分は受かったのに友達が落ちたら、その高校を選んだ意味がなくなってしまいます。

自分の行きたい高校に友達がいればラッキー、というぐらいに思って志望校を決めるのがおすすめです。

本日のまとめ

笑顔の高校生

高校選びでは、偏差値が高い高校=勝ち組とは限らないこと、家から遠すぎると苦労すること、友達が行くからという理由だけで選ばないこと、

この3つが大切です。高校選びの参考にしていただければ、充実した高校生活を送れるはずです。

明日ですが、「子どもの自己肯定感を高める子育て法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!高校受験の真実TOP3

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 親子

    子どもと進路の話ができないときは?

  2. 起業したいという子どものサポート法

  3. スマホを触る中学生

    勉強を後回しにする子のサポート法

  4. 高校生でやりたいことが見つからない時は?

  5. 勉強

    すぐに結果が出る!徹夜勉強法とは?

  6. 作文

    元教師が解説!人権作文の書き方

  7. やる気でない

    やる気が出たのに勉強が続かない理由

  8. 恋愛話をするレベルまで愛情バロメータが上昇した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP