スマホ依存が治る親の習慣TOP3

スマホ依存

子どもがスマホやゲームばかりでまったく勉強していないと、親として不安になりますよね。

そこで本日は、子どもがスマホ依存になっていない親の習慣を3つお伝えします。

できていないところを意識して同じ生活習慣をすれば、子どもは時間を守ってゲームをできるようになるでしょう。

「勉強しなさい」「ゲームやめなさい」と言わなくても、自ら勉強できる子になるはずです。

1.アドバイスせず子どもの話を聞く

親子

過去に1,527名の思春期のお子さんを持つお父さんお母さんに、親子関係とスマホ依存についてのアンケートをとったことがあります。

その結果、スマホ依存になる確率は「親子関係が良好な子」が34%、「親子関係が悪い子」が75%というデータが出ました。

つまり、良好な親子関係をつくれば、スマホ依存になる確率が大幅に下がるということです。

そのために多くの方が意識していたことが「アドバイスせずに子どもの話を聞く」ことでした。

なぜなら、子どもが求めているのは「ただ話を聞いてもらうこと」だからです。

ひたすら話を聞いて共感してあげることが、親子関係を良くする上で大切といえるでしょう。

2.一緒にゲームをする

ゲーム

次に「子どもと一緒にゲームを楽しむ」ことも大切です。子どもがゲームをしている姿は、見ていて気分が良くない親もいるでしょう。

しかし、それは子どもの行動を否定していることと同じです。そこで、子どもと一緒にゲームをしてみましょう。

子どもの好きなことを一緒に楽しむことで、子どもの行動を肯定することになるからです。

さらに共通の話題ができ、会話が増え、良好な親子関係をつくることができます。

ゲームが苦手な方は、Youtubeでそのゲームについて知ることから始めてみてもいいでしょう。

3.子どもと話し合ってルールを決める

ルール

最後に「子どもと話し合ってルールを決める」ことです。親が一方的にルールを決めてしまうと、子どもは守れません。

子どもにも、いろいろな事情があるからです。子どもの気持ちを考えながら、親子で話し合って決めていくことが大切です。

自分で納得して決めたルールであれば、子どもも守ろうと思えます。

本日のまとめ

親子

スマホ時間を守ることができる子の親は、「アドバイスせず子どもの話を聞く」「一緒にゲームをする」「子どもと話し合ってルールを決める」

この3つの習慣を行っています。同じように行動することで、子どものスマホ依存は短期間で改善できるはずです。

明日ですが、「浪人した子どもへの正しい向き合い方とは?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!スマホ依存が治る親の習慣TOP3

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強する

    勉強嫌いな子を上手に勉強させる方法

  2. 勉強

    すぐに結果が出る!徹夜勉強法とは?

  3. ゲーム

    宿題をやらない子どもに親ができること

  4. 道山流学習法勉強会2021を行いました!

  5. 部活

    親に部活を辞めろと言われるときの対処法

  6. 悩む主婦

    子育てが上手くいかない3つの原因

  7. 勉強しない

    定期テスト終了後の動機付け手順

  8. 保存版!副教科の勉強法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP