テストの不正はなぜバレるのか?

カンニング

私自身、
学生の時にカンニングをして、
バレた経験があります。

また教師の時に、
子どものカンニングを見つけた
こともあります。

子どもたちが、
カンニングしたくなる気持ち
すごくわかります。

教師がどのようにカンニングを
見つけるかもわかります。

そこで本日は、
どうしてカンニングがバレるのか
についてお話ししたいと思います。

子どもがカンニングする理由

カンニング
そもそもなぜ子どもたちは
カンニングをするのでしょうか?
理由は非常にシンプルで、
「テストの点数を上げたい」からです。

 

特に〇点以下だったら、
スマホ没収などの約束をしていると、
それが嫌という理由から、
何としても点数を上げたい気持ちになります。

 

それがカンニングしたいという気持ちに
繋がってしまうわけです。

 

カンニングすること自体は悪いことです
ただテストの点数を上げたい!
という気持ちを持っていたこと自体は、
褒めてあげるべき部分なのかもしれません。

人間は悪いことをすると体に出る

万引き
ではなぜカンニングをするとバレるのか?
それは人間だからです。
人間の心と体は繋がっています。

 

心の中で、
「これは悪いことだ」という認識があると、
それが体に出てしまうのです。

 

カンニング以外にも、
物を万引きした人が、
すぐにつかまるのも同じ理由です。

 

自分の中では、
平常心を保っているつもりでも、
体はうそをつくことができないため、
バレてしまうのです。

学校の先生は解答用紙のコピーを取っている

コピー
定期テストでよくある不正として、
解答用紙が返却された後で答えを書き直し、
「先生、これ採点ミスです」と
持っていくやり方があります。

 

昔なら、
この方法でも通ったかもしれないのですが、
今は100%無理です。

 

なぜなら学校の先生は、
解答用紙を返却する前に、
全てスキャンしているからです。

 

子どもから言われた訂正欄と、
スキャンしてあるデータを見比べれば、
返却後に直したことが一目瞭然なのです。

 

ということで、
定期テストで不正をしても、
まず間違いなくバレてしまうので、
やらないようにしてくださいね。

 

※お父さんお母さんたちは、
この記事の内容をお子さんにシェア
していただけると不正が減るので
その子のためになるかなと思います。

 

明日ですが、
「子どもとの会話が増えた成果報告」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

関連記事

  1. DVDを見る

    夏休みに親子で見てほしいDVD

  2. フリーランス

    フリーランス社会を意識した進路選択

  3. サンタクロース

    サンタクロースって本当にいるの?

  4. 動物

    人間と動物の違いって意識したことありますか?

  5. ありがとう

    保存版!ありがとうの正しい使い方

  6. 元旦

    1月1日は1年間の目標を決めよう!

  7. タブレット

    なぜ今の子どもはYouTubeでヒカキンにハマるのか?

  8. 人が求めるものは3つしかない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP