関わってはいけない先生TOP3

教師

いい先生と悪い先生の違いって、ご存じですか?今回は、この違いをお伝えします。

私は教師時代、たくさんの先生に出会いました。95%は良い先生でしたが、5%はちょっと・・という人でした。

子どもを伸ばす先生とダメにする先生には、違いがあります。今回はこの違いと、ダメな先生に当たったときの付き合い方もお伝えします。

お子さんが悪い影響を受けてしまう前に、チェックしていただければ幸いです。

第3位 叱らない先生

教師

実は、私自身もこの失敗をしたことがあります。生徒を叱らずに、褒めることだけをした結果、学級崩壊してしまいました。

この経験から「ダメなことをしたときは厳しく叱ることの大切さ」を身をもって知ったのです。生徒に嫌われたくないから叱らない先生というのは、おすすめできません。

実際、生徒を叱るのは勇気がいるし疲れます。それをやってくれるのは、いい先生です。

第2位 力で押さえつける先生

高圧的

叱ることは大切ですが、高圧的指導をする先生はよくないです。実はこれも、私自身やってしまった失敗です。

子どもが小さいうちは、厳しく叱り恐怖を与えると子どもをコントロールできます。しかし、子どもが大きくなると必ず恨みを買います。

また恐怖で指導しても、結局は怖いから「すみません」と言っているだけです。実際には、何がダメかを理解していません。

つまり、子どもの成長につながっていないのです。こういった理由から、力で押さえつけようとする先生も良い先生とは言えません。

第1位 自分の感情で叱る

イライラする

イライラしていると、やたら生徒を叱る先生は最悪です。特に、自分の機嫌がいいときは叱らず機嫌が悪いときはやたら叱る先生はかなり危険です。

これは指導ではなく、自分の感情をぶつけているだけだからです。いい先生ほど、叱るときは冷静にダメなことを伝えます。

そして本当にダメなことをしたときのみ、感情をこめて叱ります(年に1度くらいの頻度)。すると、子どもに伝わるのです。

自分の機嫌ではなく、生徒の目線で叱る先生かチェックしましょう。

ダメ教師に当たったら?

学校

小・中・高合わせて12年間学校に通っていたら、いつか子どもがダメな先生に当たります。これは、仕方がないことです。

しかし、そういった先生とも最低限の付き合いをさせることが大切です。挨拶、宿題を出す、約束を守るなど、基本的なことはしっかりさせましょう。

これらをしっかりやっていたら、そこまで被害はないと思います。ただ、それでも嫌なことを言われたりしたら、教頭や学年主任に相談しましょう。

そのような先生のことは、学校全体で見てもらうことが大切です。

本日のまとめ

電話をする

叱らない先生、高圧的な先生、自分の感情だけで叱る先生は、良い先生とは言えません。

お子さんが悩んでいるようであれば、早めに主任の先生に相談しましょう。

明日ですが、「頭がいい人の筆箱紹介」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!関わってはいけない先生TOP3

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. バットとグローブ

    部活動のグッズを2割引きで購入する方法

  2. インフルエンザ

    インフルエンザにかからない方法

  3. お金

    お金よりも大事な3つのもの

  4. 転校生

    転校生の中学生が意識すべきこと

  5. 遊び

    ストレスを発散させる遊びを作ろう

  6. 黒にんにく

    体の疲れが取れない時は●●を食べよう

  7. 好きな人

    好きな人ができたときにすべき3つのこと

  8. モンスタークエストの冒険の書

    モンスタークエストの学習プログラムを見てきました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP