子どもを注意する2つの判断基準

叱る

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

うちの子は、愛情不足です。そのため、今の時点では何も注意することができません。

すると、言われない事をいい事に益々勉強もせず部活のない週末は1日10時間平気でゲーム漬けです。

テスト前は流石に煩く言って一緒に勉強したのですが、成績は前より下がってしまいました。これでもまだ干渉せず言わないでいて大丈夫なのでしょうか?

子どもがゲーム依存で注意してもやめないと、親としてはきついですよね。そこで今回は、子どもを注意する判断基準をお伝えします。

私は基本的には「干渉しないように」お父さんお母さんにお願いしています。しかし、注意しないといけない場合もあります。

この判断ができるようになると、これまで以上に子育てが楽になると思います。お子さんの明るい未来のために、参考にしていただければ幸いです。

注意できるかどうかで決めよう

ゲーム

注意すると暴れて、どちらかがケガをするという場合、親としても精神的につらいと思います。この場合、今すぐ注意する必要はありません。

もちろん本当にダメなこと(法律に触れることなど)は、注意しないといけません。しかし、ゲームを10時間やっても命に別状はないです。

それなら、そこまで焦らないほうがいいと思います。まずは、きちんと注意できる親子関係を作りましょう。そのうえで、冷静に話し合ってやめさせたほうがいいです。

つまり、今すぐ注意すべきかどうかは「子どもが暴れてけがをしないか」「絶対にダメなこと(法律に触れることなど)かどうか」で考えるようにしましょう。

小さなことから干渉しよう

愛情

では、今回のケースの場合、どのようにゲーム依存を解決すればいいのでしょうか。

いったん親が何も言えない状態になると、子どもはやりたい放題になります。そうなると、親の言うことが聞けなくなるでしょう。

そこでまずは話し合いができる親子関係を作りましょう。つまり、愛情バロメータを上げるわけです。詳しいやり方は、思春期の子育て講座で解説しています。

>>思春期の子育て無料講座

ある程度話し合いができるようになったら、小さな干渉をしてみましょう。いきなり、ゲーム時間を半分にするというのは無理です。

食べ終わった食器を片付ける、お風呂から出たら換気扇を回すなど、子どもが実践できそうなところから始めていきます。それすらできずに、ゲーム時間を減らすのは難しいでしょう。

ゲーム依存をなくす方法

ジョギング

これができるようになったら、最後に他の楽しみを見つけさせます。ゲームをやめて何をするかを、一緒に考えましょう。

ゲームをやめさせたところでやることがないと、再び依存してしまうからです。空き時間をいきなり勉強させるのは、難しいと思います。

そこで、小説を読む、マンガを読む、ジョギングをする、筋トレをするなど受け入れやすいことから始めさせましょう。

これができるようになったら、勉強の動機づけをします。すると、その時間で勉強できるようになります。

本日のまとめ

親子

命の別状がないようなことや法律に触れるレベルの犯罪以外は、焦ってやめさせる必要はありません。

無理に注意して子どもが暴れると大変なので、冷静に話し合いができる状態まで、親子関係を良くしてから対応していきましょう。

明日ですが、「子どもを勉強好きに育てる方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもを注意する2つの判断基準

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 頭を抱える

    勉強が続かない悩みの解決法

  2. 野球部

    子どもの興味関心を広げる教育法

  3. 辛い

    学校に欠席の連絡をするのがつらい場合の対応法

  4. 卓球

    不登校の子に習い事をさせるのはあり?

  5. 荒れる子供

    親が高学歴だと子どもは荒れる?

  6. 子どもが何に対してもマイナス思考になってしまう原因とは!?

  7. 厳しい祖父

    祖父母の過干渉で子どもが荒れるときは?

  8. 勉強しなさい

    なぜ「勉強しなさい」は禁句なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP