一つの能力を伸ばした方が将来活躍できる

能力

 ← 道山はいま何位?

今日は私の未来予想をします。今後どういった人間が社会で活躍で来て、どういった人間は衰退してしまうのかを私なりに解説したいと思います。

異業種交流会に行ってわかったこと

様々な職業
実は先日異業種交流会に参加してきました。異業種交流会というのは、さまざまな職業の人が情報を交換する集まりのことです。その会には、
  • 接骨院の先生
  • 心理カウンセラー
  • 商社を運営している社長さん
  • 病院の院長先生
  • ファッションデザイナー
  • ペンキ屋さん
  • 車屋さん
など様々な職業の方がいました。ちなみに私自身は「子どもの成績を上げる専門家」という形で招待していただきました。

本当にたくさんの方と話をしていると、「この人は将来伸びるな」と思う方と、「この人は今だけだな(笑)」と思う方がいました。その違いについて2つ紹介します。

自分の得意分野を持っていること

 

書道
まず一番大事なことは、自分が「これなら負けない!」という得意分野を持っているかどうかと言うことです。

私なら、「中学生の成績を短期間で上げること」「親子関係を良くすること」であればだれにも負けない自信があります。

医者の方であれば、「肌の悩みなら日本一解決する自信がある」「美容であればだれにも負けない」

車屋さんであれば、「日本一安く車を販売する自信がある」「その人に合った車を選ぶ自信がある」

商社を運営している社長さんであれば、「世界一良いピアノを海外から仕入れることができる」「日本で唯一ギリシャのワインを仕入れることができる」みたいな感じです。

何の分野でも良いので、一つだけ自信のある分野があるだけで、その人の魅力が大きく上がります。

中学生に例えるなら、「僕はサッカーならチームで一番自信があります」「僕はクラスを盛り上げる力なら負けません」「私はノートをきれいに書く力は学校一です」

「私は書道なら市内で一番きれいに書けます」みたいな感じです。

勉強はみんなが頑張ります。だからそれに加えて一つだけで良いので、自分の得意分野を伸ばすことが大事です。

こういったことを高校受験の面接で言えば、合格率は大きく上がると思います。

※高校受験の面接についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

>>高校受験の面接の対策方法

相手への気遣いができるか

もう一つは相手への気遣いです。話している相手に好印象を与えることができれば、やはりその人の魅力は上がります。

清潔感と身だしなみ

身だしなみ
例えば爪がすごく伸びていて、爪の中に黒いあかが溜まっている人や、着ているスーツがヨレヨレですごく汗臭い人が会場にいました。

向こうから話しかけられた人とは、さすがに私も会話をしたのですが、こちらから話しかけることはしませんでした。

これは中学生にも言えることで、やはり制服をきちんと着ている人や爪をきちんと切って、毎日寝癖をきちんと整えている子は、それだけでみんなから好かれます。

話す内容


会場の中に、「やたら自慢話ばかりする人」「話していてもすごく暗い人」「リアクションが薄い人」がいました。

やはりこういった人と話をしていてもあまり楽しくありません。逆に、「自分の話ではなくこちらの話をしっかり聞いてくれる人」

「いつも笑顔で話をしてくれる人」「相手の言葉に対してわかりやすい反応をしてくれる人」などは話していて楽しかったです。

これはお母さんたちに言えることですが、やはり上記のようなことが子どもに対しても当たり前にできる人は親子関係が良好になりやすいです。

友達にはできるのに、なぜか自分の子どもに対してはできなくなってしまうと、やはり親子関係は悪くなってしまいます。

 

とにかく2つの力を伸ばそう


中学生にとって、最低限の成績(オール2以上)まではきちんとあげることは大事です。

ただそこまで上げたら、さらに成績を上げることと並行して、
  • 自分の得意分野を伸ばす(部活や学校行事など)
  • 友達や先生に対する気遣いができるようになる
という2つを伸ばしていくと、将来必ず活躍できる人になれると思います。

逆にオール5を取っていても、友達や先生に対する気遣いができなかったら将来活躍はできないと思います。

お母さん方も、子どもの成績ばかりに目をやらず、この2つの力にも目を向けてあげてくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. お金

    お金では買えないものが本当の価値

  2. 家事

    続編:お母さんの辛い一日

  3. 歌手になる方法

    歌手になるための3つの方法

  4. 不登校

    毎日明るい言葉を使うようにしよう

  5. 効率の良い勉強

    結果が大きく変わる●●の法則

  6. コミュニケーション

    コミュニケーション力を高める方法

  7. 歴史学者・磯田道史さんの情熱大陸から学べること

  8. 成人式

    悲劇!5年ぶりに教え子と会った結果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP