夢を叶える方程式

方程式

先日「新しい夢が見つかりました」という記事を投稿したのですが、読んでいただけましたでしょうか。

>>新しい夢が2つ見つかりました!

この記事を書いた後、本当にたくさんの方から、メール、LINE、facebookのメッセージが届きました。なんか動きが早すぎて、私自身がバタバタしているのですが、もしかしたら来年の春には夢が叶うかもしれません。

そこで本日は、私の体験談をもとに、「夢を叶える方程式」を紹介します。過去に、私の勉強会に参加した子どもや私の教え子にだけ、こっそり教えてきた方程式です。是非、お子さんにも伝えていただければと思います。

夢を叶える最短ルートは口に出すこと

口に出す

私が自分の教え子や、過去に勉強会に参加してくださった子どもたちにだけこっそり教えてきた「夢を叶える最短ルート」。それは、、、「口に出すこと」です。

なぜ口に出すだけで夢が叶うのか?神様が応援してくれるとか、そういったスピリチュアル的な話ではありません。次の2つが理由で、夢が叶いやすくなります。

応援してくれる人が現れる

例えば、お子さんが将来「サッカー選手になりたい」という夢を見つけたとします。この場合、「サッカー選手に俺はなる」とひたすら口に出すと、応援してくれる人が現れます。すると、
  • プロサッカー選手の知り合いから「○○選手に練習見てもらえないか頼んでみようか?」という声をもらえる
  • 学校の先生から、高校サッカー選手権に出場できる高校の先生を紹介してもらえる
というような奇跡が起きるのです。心の中に留めておくだけでは、こういった奇跡は起こりません。口に出すからこそ、応援してくれる人が現れるのです。

自分を追い込むことができる

もし「プロサッカー選手になる」と言っておきながら、サッカーの練習をせずゲームばかりしていたらどうなるでしょうか?友達から「結局口だけかよ」とバカにされますよね?

人間は一度口に出してしまうと、それを叶えるための行動をせざるを得なくなるのです。その結果、他の子以上に練習量が増えるので、上達スピードも上がるのです。

メルマガで夢を語ったところ思わぬ反響が…

夢

冒頭で述べたように、今回は、メルマガとLINEで自分の夢を語ってみました。その結果、たくさんの方から、以下のようなメッセージが届きました。

ぜひぜひお手伝いさせていただきたい!と思ったので、メールしました!!子育て本、ぜひ配らせてください!

昨日の「新しい夢が2つ見つかりました!」にとても感動しました。私は海外の学校でPTAの役員をしています。道山先生の「思春期の子育て小冊子」を一つのきっかけに保護者、生徒、そして先生方を今の自分が出来るところからサポートできたら!と強く思いました。

冊子、とても興味があります。私がいる間であれば、校長先生教頭先生も出席する本部会議で話を出せるかなと思います。 お手伝い出来れば嬉しいです。

※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

私が口に出したことで「応援してくれる人が現れた」のです。※メッセージを送ってくださった方々、本当にありがとうございます。

またこれで私は、「自分自身を追い込む」ことに成功しました(笑)そのため、多少睡眠時間を削ってでも、冊子を完成させないといけなくなるのです。このように、夢は口に出すことで叶う確率が大きく上がります。

本日のまとめ

応援

夢を最短で叶える方程式は、「口に出すこと」です。もしお子さんが、今何か夢を持っているなら、口に出すように伝えてあげてください。

そして、あなた自身は「絶対にあなたなら叶えられるよ」と応援してあげてください。子どもの場合、親の協力が必須です。親に反対されたら、夢が叶う確率は大きく下がるので注意してくださいね。

また、もし前回の私の夢を読んで「道山の夢、手伝ってやるか!!」という心優しい方がいたら、メッセージ頂けると嬉しく思います。

明日ですが、「今、家庭教師の相場が下がってきている?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 1年の初めに読んでほしいおすすめ書籍3選

  2. 食欲を抑える

    道山流!食欲を抑える方法

  3. インフルエンザ

    インフルエンザにかからない方法

  4. 部活動の夏大会で1.5倍の力を出す方法

  5. 睡魔

    睡眠時間が短かくても眠くならない方法

  6. 春休み

    春休みの課題を最速で終わらせる裏技

  7. ごめんなさいの使い方

    保存版!ごめんなさいの正しい使い方

  8. 黒にんにく

    体の疲れが取れない時は●●を食べよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP