私立中学でいじめを受ける場合の解決法

落込む子供

先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

道山先生、こんにちは。私立中学に通う息子の事で相談いたします。

中1の頃から虐めに遭い、解決したと思えばまた虐められるの繰り返しで、息子は虐めに遭う度に体調を崩し、自律神経の病気が慢性化し、毎月病院通いをしています。

中3からは虐めもレベルアップし、息子はまた不登校になりかけています。仲良しだった友達も今は全員虐めっ子の言いなりです。

学校に相談しても、「気にしないのが1番」としか言わず親身になってくれません。虐める子の親が全員モンペで学校側も苦労している事は知っていますが、息子は怖がって学校に行けず困っています。

あなたはこの相談を読んでどう感じましたか?私が最初に感じたこと、それは「こんな学校に行かせてはダメ!」ということです。

そこで本日は、私立中学でいじめを受けた場合の解決法をお伝えします。いじめ以外の問題でも、役立つ考え方なので、参考にしてみてください。

学校の役割は、子どもたちが健全な生活を送れるようにすること

学校

そもそも学校の役割ってなんでしょうか?子どもたちに勉強を教える、部活動や学校行事を行う、他の子どもたちとの交流の場を提供するなどいろいろあると思います。

中でも、最も大事なことは「安心して成長できる環境を提供すること」です。いじめを受けている状態=安心して生活できていない状態です。

つまり、今回の相談者のお子さんが登校している学校は、学校の役割を果たせていないということです。さらに、親が相談しても「気にしないのが1番」という回答・・・

もう、意味不明ですよね。これは結局、「教師がその子を守ることができない」「いじめっ子やその保護者を指導できない」からです。

わざわざ高いお金を払って行かせるのは論外

お金

さらに、今回の相談者のお子さんが通っている中学校は私立です。わざわざ高い学費を払って通わせているのです。

にも関わらず子どもを守ることすらできていないなら、その学校に行かせる意味はありません。今すぐ、公立中学に転校するべきだと思います。

手順としては、まず子どもに「学校にも相談したけど、何も対応してくれなかった。あの学校にあなたを行かせるのは辛い。だから転校しようと思うんだけどあなたはどうしたい?」と聞きます。

子どもが納得するなら、転校の手続きを進めていきましょう。これが基本的な対応方法です。

例外:転校させない方が良いケース

受験

例外的に今すぐ転校させない方が良いケースもあります。2つのパターンに分けて解説します。

子どもが公立に変わることを嫌がる場合

子どもが転校を嫌がることがあります。この場合、無理強いはできません。まずは、転校したくない理由を確認しましょう。

よくあるパターンとしては、「小学校の時に仲が悪かった子がいるから」「小学校の友達にばかにされるから」です。

これは、公立中学が嫌なのではなく、小学校の時代の友達と会うのが嫌なだけです。他の地域の公立中学に移動できるように手配すれば解決できます。

中学3年生の3学期でまもなく受験がある場合

今回の相談者のように、3年生の3学期に転校するのは大変です。受験の手続きなどがあるからです。この場合、今から転校するとどういった手続きが必要かを調べましょう。

まだ、手続きが可能であれば、早急に進める。難しい時期であれば、転校はできないので、再度学校の先生に対応を依頼して、少しでもいじめが改善されるようにしていく形になります。

本日のまとめ

学校

わざわざ高い学費を払って私立中学に通っているのに、子どもが安心して生活できていないなら、今すぐ公立に移るべきです。

ただ、3年生の3学期だと、時期的に転校が難しくなることもあります。そうなる前に、できるだけ早い対応をするようにしましょう。

なお、公立中学でいじめを受けた場合、教育委員会に連絡するなど、少し対応が異なります。こちらのページに詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

>>最短でいじめが解決できる3ステップ

明日ですが、「夫婦間で子育ての価値観が違う場合の考え方」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

関連記事

  1. 転校生

    転校生の中学生が意識すべきこと

  2. 落ち込む

    なぜそこまで勉強にこだわるのか?

  3. 起きれない

    朝起きるとイライラする子への対応法

  4. 不登校

    中高一貫校や私立中学での不登校対応

  5. 家庭教師

    嫌いな家庭教師の先生はどうすべきか?

  6. 勉強

    小学校の勉強ができない子どもの学習法

  7. 高校受験

    不登校生徒の高校受験対策

  8. いじめがトラウマで人間関係が苦手になってしまった場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP