合格確実の低レベル校vs合格が難しい難関校

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

> 将来、理学療法士になりたいと言って医学保健科がある大学を探しています。指定校推薦があり 今ギリギリ評定水準に満たしています。

> 私は、その学校で理学療法士の免許を取得できる方が良いと思うので、内申点を上げ、指定校推薦を狙うのが良いと考えています。

> しかし本人は、一般入試で、ワンランク上の学校を目指したいと言っています。特殊な学部なので募集人数も少なく、もし落ちた場合の滑り止めもありません。

> 子どもは勉強するため、「個別塾に行って勉強させてくれ」と言っています。塾代金に50万以上使うなら、早々に進路を決め、余った時間を車の免許や海外旅行などに使った方が賢いと思うのですが、どうするのが良いのでしょうか?

実はこの相談を送ってくださった方、私が初めて行った勉強会に参加してくださった方です。その時からずっとメルマガを読んでくださっていて、お子さんがいよいよ大学受験の段階になってきたわけです。

長い間読んでくださっていると考えると、本当にうれしいですね。質問内容は、大学受験のことですが、高校受験の志望校選択にも役立つお話です。また、昨日お話しした「わが子の最高のを開花させる」上でも大事な考え方になります。

これから受験を迎える、中学2,3年生、高校2,3年生のお子さんがいる方は、是非参考にしてみてください。

相談を読む限り、子育ては大成功


最初にお伝えしたいことがあります。今回相談をくださっている方ですが、子育てが本当にうまくいっています。これは、以下の部分を読むとわかります。

> しかし本人は、一般入試で、ワンランク上の学校を目指したいと言っています。

子ども本人が「もっと上を目指したい」という向上心がありますよね?子育てが上手くいくと、子どもは「もっと成長したい」という気持ちが出てきます。

そういった意味で、相談者の方は、お子さんにたっぷりの愛情を注ぐことができています。もしあなたのお子さんも同じように、成長欲が出てきていたら、子育てが成功している証拠です。

子どもの成長欲を親が止めるのは良くない


今回のように、お子さんはワンランク上の学校を目指したいと考えていて、お母様は今のレベルで進学できる学校に行ってほしいと考えている場合、どういった対応をするのが良いのでしょうか?

私自身は、お子さんの意思を尊重するのが良いと思っています。そもそもお子さんは、ワンランク上の学校を目指したいと考えています。それを親が止めるのは、子どもの成長を止める行為です。

塾代もかかるので、それがどうしても支払えないなら仕方がないです。ただ、子どもが上を目指したいと言っていて、金銭的にも応援できるなら、私は応援した方が良いと思います。

成長欲がある子は、浪人してでも夢を叶えられる


もちろん挑戦には失敗が付き物です。ワンランク上の学校を目指した結果、落ちてしまうことがあるかもしれません。でも大丈夫です。

自らの意思で「上の学校を目指したい」と考えている子であれば、志望校に落ちたとしても、また挑戦する気持ちがわいて来るからです。

大学であれば浪人して再チャレンジしますし、高校なら、押さえの高校で頑張ることができます。大学受験の時は「落ちてよかった」と思えるようになることだってあるのです。

一方、親が無理に下のランクの学校に行かせた場合、その学校が楽しくないと子どもは親を恨みます。上を目指す気持ちもなくなってしまいます。良いことは一つもありません。

本日のまとめ


子どもが上のランクの学校を狙っていて、親は今のレベルで行ける学校に進学させたい場合、私は子どもの意思を尊重するようにアドバイスしています。

もちろん、まれに上のランクに入った後、ついていくのが大変で後悔する子もいます。「ほら!あの時お母さんが言ったように、一つ下の学校を受ければよかったのに」となる可能性も0ではありません。

しかし、ほとんどのケースでは、子どもの意思を尊重した方が上手くいきます。金銭的な理由ではない限り、進路は子どもの意思を尊重してあげましょう。その方が絶対にうまくいくと思いますよ!

明日ですが、「保存版!副教科の勉強法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

本日の記事が参考になった!という場合は、下記のボタンをクリックをいただけると嬉しいです!1位になって少しでも多くの方に「思春期の子育て法」を伝えられるように、日々記事の更新を頑張ります!

nblog1

関連記事

  1. 恋愛話をするレベルまで愛情バロメータが上昇した成果報告

  2. 好きなこと

    勉強のやり過ぎに注意しよう!

  3. 受験

    子どもの受験に親がついていくのはありか?

  4. 自然に触れ合う

    夢が明確にならない原因

  5. 伊藤先生と道山ケイ

    伊藤幸弘先生との講演会について

  6. 受験失敗

    高校受験に失敗した時、後悔する子の特徴

  7. マイナス思考

    成績が下がることを恐れないようにしよう!

  8. 価値観を変える

    価値観を変えなきゃ結果は変わらない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP