高校受験!9割落ちる子の特徴

落ち込む

お子さんですが、「高校受験に受かりたい」「合格できるか不安」と思っていないでしょうか。今回は、受験に9割落ちてしまう子の特徴をお伝えします。

私は、これまで3000人の子どもたちを見てきて、その経験から本も出しました。

>>志望校に97%合格する親の習慣

この経験から、受験に落ちる典型パターンを理解しています。そこで本日は、代表的な3つを紹介します。

このパターンにならないように注意することで、受験の合格率は上がります!お子さんをチェックしてあげてください。

第3位 余裕な気持ちを持っている

中学生

1月の模擬試験で合格率A判定がでると、調子に乗って手を抜くことがあります。

その結果不合格になるというのは、よくあります。実は私自身も、中学生のころに同じ失敗をしました。

余裕な気持ちというのは、とても危険です。死に物狂いで勉強をしている子のスピードは速いので、気を抜くとすぐに追い抜かれてしまいます。

最後まで気を引き締めることが大切です。

第2位 志望校がズレている

E判定

私は、中学受験でE判定の私立中学校を受けました。過去問は毎回20点以下だったので、受かるわけもないのですが記念受験しました。

もちろん、予想通り不合格です。これは、志望校と今の実力がズレていることが理由です。さすがにこれでは、受験は失敗します。

どうしても合格率が低い高校を受けたいなら、押さえで別の高校も受けさせるようにしましょう。

第1位 志望校があいまい

進路希望

とりあえず「A高校に行ければいいかな」という気持ちでは、やる気は出ません。集中力も低くなるので、成績も上がらないです。

つまり、こういった気持ちでは、A高校にも受からないのです。ではどうすればいいのか?一番大事なのは、心の底から行きたいと思える進路「アクティブ進路」を決めることです。

これが決まると、子どもは勝手に勉強するようになります。アクティブ進路の決め方は、昨年出した著書で詳しく解説しています。

>>志望校に97%合格する親の習慣

本日のまとめ

受験

私の経験上、本日紹介した3つのケースになると高確率で受験は失敗します。お子さんが一つでも該当していたら、今すぐ改善させたほうがいいです。

逆に、すべて当てはまっていなければ、受験は高確率で成功します。まずはアクティブ進路を決めるところから、始めてみてください。

明日ですが、「なぜゲーム課金は危険なのか?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!高校受験!9割落ちる子の特徴

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 親子

    進路が親と子で意見がわかれるときは?

  2. スマホ

    中3なのに勉強のやる気が出ない理由

  3. 階段

    子どもの態度を変える魔法の方法はあるのか?

  4. 受験

    偏差値の低い高校を目指そう

  5. 勉強

    中3の学年末テストは勉強すべきか?

  6. 受験勉強

    受験勉強前に意識すべき2つのポイント

  7. 進路希望調査

    【元教師が解説】進路希望調査の書き方

  8. 校舎

    偏差値が高い高校に行かせたいというのは親のエゴ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP