高校は私立と公立どっちがおすすめ?

高校生

高校受験をする際、私立か公立かで迷う方は多いです。そんな時、今回紹介する内容を理解しておけば、どちらの高校に入ろうか悩む心配がなくなると思います。

その結果、早め早めに受験対策ができるので、高校受験の合格率も大きく上がると思います。ぜひ参考にしてみてください。

今、私立大学付属高校が人気!その理由は大学入試改革

マークシート

最近、私立大学付属高校が人気です。その理由は、大学入試改革が行われているからです。

これまでの大学入試は、センター試験が行われ、その点数を元に合否が決まっていました。これが2020年を目処に変わります。

具体的には「大学入学共通テスト」というのもに変わります。どのように変わるのかというと「記述問題が増える」形になります。

ただ、どういった問題になるのか、細かいことは正直わからないです。また、今までのように「過去問を使った勉強」もできなくなります。

こういった点から、「新しい制度に合わせて勉強するのが不安だから、私立大学付属高校に入って、エスカレーター式で大学に行きたい」という方が増えています。

これが、最近私立大学付属高校の人気が高まっている理由です。

私立大学付属高校に入るメリットは、内部進学ができること

合格

私立大学付属高校のメリットは、内部進学ができることです。また、公立に比べて設備が整っているという点もメリットの一つです。

もちろん、赤点連発では内部進学も難しいですが、大学受験を受けて進学する子と比べると、勉強のハードルがかなり下がります。

そのため、部活や留学などの活動に力を入れやすくなります。一方デメリットとしては、費用がかかるという点があります。

どうしても設備などの関係から、公立と比べて費用がかかります。また、内部進学をするか外部の学校を受けるかを、先に決めないといけない学校もあります。

「外部進学したい」という気持ちがあると、私立大学付属高校のメリットである、内部進学の枠がなくなってしまうのです。

公立高校にもメリットがたくさんある

野球部

公立高校にもたくさんのメリットがあります。一番のメリットは授業料が安いことです。私立に比べて半額程度なので、かなり安く済みます。

また、自宅から近い学校が多いという点もメリットです。私立高校の場合、どうしても都心部にあることが多いです。そのため、都心に住んでいる人以外は、電車で通う形になります。

公立の場合は地方にもたくさんあるので、地方に住んでいる方であっても、自転車で通えるというケースも多いです。

自宅から近いと、それだけ部活の練習や勉強に充てられる時間が増えるため、結果的に私立に行くよりも能力を上げやすくなることもあります。

両方見に行ってみて、行きたい方に行けばいい

お金

私立か公立かで迷っているなら、どちらも見に行くことをオススメします。実際に足を運んでみると「私は公立だな」「私立だな」と、直感で感じることができます。

頭で考えるのではなく、実際に足を運んでみて「ここ、いいな」と直感で思ったら、その学校に決めるという選び方が良いと思います。

あと、奨学金を借りないと私立に進学できない場合、私個人の意見としては、わざわざ奨学金を借りてまで行く必要はないと思います。

奨学金は何十年もかけて返していかないといけないので、将来的に子どもの負担が大きくなるからです。「絶対に私立じゃないと嫌だ」という場合以外は、奨学金を借りてまで行かなくても良いと思います。

本日のまとめ

中学生

私立にも公立にもメリット・デメリットはあります。自分がどちらに行くか迷っている時は、まず行きたいと思っている学校に足を運んでみましょう。

直感で感じることがあると思うので、その直感に従って決めるのがおすすめです。

あと、奨学金を借りないと私立に行けないという場合は、無理に私立を選ぶ必要はないかと思います。意外と奨学金の返済で苦労している方が多いからです。

明日ですが、「間違った勉強を続ける子どものサポート法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!高校は私立と公立どっちがおすすめ?

関連記事

  1. 高校受験で失敗する子の7つの特徴

  2. 階段

    子どもの態度を変える魔法の方法はあるのか?

  3. 志望校の偏差値を下げるのはNG?

  4. 落ち込む

    高校受験に不合格になった時の声掛け法

  5. 大好物の食事を作り第一志望合格

  6. 勉強

    保存版!高校受験社会の勉強法

  7. 高校受験対策勉強会2018の様子

  8. 出しゃばらないサポートで第一志望合格した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP