不登校が解決した成果報告

成果報告

子どもが不登校になると、親として、何とか学校に戻したいと思いますよね。

ただし、不登校の根本的な原因を解決しない限り、学校に戻すのは難しいでしょう。

そこで今回は、不登校が解決した丹羽さん親子の事例を紹介します。同じように対応すれば、不登校改善につながるはずです。

一方、間違った対応をしていると不登校が長引き、親子関係も悪くなってしまうため注意しましょう。

丹羽さんの親子の成果報告

成果報告

丹羽さんのお子さんは、中1の2学期初日から不登校になりました。そんな状態に悩み、私のことを知ってくれたそうです。

その後、昨年10月に現役のフリースクール校長で公認心理師の小井出博文先生と私が一緒に行った「思春期の子育て勉強会応用編」に参加してくださいました。

そして3つのことを意識してお子さんと向き合った結果、2学期の期末テスト前日から学校に行けるようになったそうです。

今も毎朝自分で起きて遅刻することなく学校に行っているとのとこで、素晴らしい変化といえるでしょう。

親が行った3つのサポート

親子

では丹羽さんは、どんなことを意識されたのでしょうか。1つ目は「ほめる基準を下げること」です。

子どもに求めるレベルを下げると、親のイライラが減るからです。その結果、子どもをほめたり、認めたりすることができるようになります。

もともとは、「学校に行ったらほめる」という基準だったのを、「昼までに起きられたらほめる」に下げれば、子どもの気持ちも楽になるでしょう。

2つ目は「子どもの要求にできる限り応えること」、3つ目は「タイミングを見て背中を押すこと」です。

これらを行った結果、学校に行けるようになりました。では、なぜこの3つが、効果的だったのでしょうか。

学校に行けるようになった理由

登校する

1つ目の理由は、基準を下げて子どもをほめたり、子どもの要求にできる限り応えたりしたことで、愛情バロメータが上がったからです。

親からの愛情をしっかり感じることができたため、学校に行く気力が出てきたのでしょう。

2つ目の理由は、子どもにとってベストなタイミングで背中を押したことが、学校へ行くきっかけになったからです。

丹羽さんは、やや粗治療のような形で背中を押しましたが、通常は子どもから勉強や受験、学校の話題が出てきたタイミングで、「そろそろ行ってみる?」「来週のテストだけでも行く?」と背中を押すと効果的でしょう。

本日のまとめ

親子会話

不登校は、きちんと原因を解決していけば解決できるものです。そのための最初のステップは、良好な親子関係作りです。

こちらについては、以下の講座で詳しく説明しているので、まだ読まれていなければ参考にしていただければと思います。

>>思春期の子育て無料講座の詳細はこちら

明日ですが、「ステップファミリーの子育てのコツ」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!不登校が解決した成果報告

関連記事

  1. 成果報告長谷川さん

    成績UP無料メール講座で内申41達成!

  2. 塾を辞めたら5教科合計51点UPした成果報告

  3. 成果報告加藤さん

    学年順位が96位から31位にUPした成果報告

  4. 3か月で不登校が改善した成果報告

  5. 成果報告

    英語で学年1を獲得した勉強法

  6. 渡辺さんの成績表

    順位が44位から4位にUPした成果報告

  7. 成果報告Mさん

    塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法実践者から頂いた成果報告(2015-2016年度)…

  8. 5教科合計90点以上UPして志望校に合格した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP