兄弟ともに不登校が改善した成果報告

成果報告

子どもの不登校で悩む、お母さんお父さんは少なくありません。ただし、兄弟ともに不登校である場合、お子さんへの接し方がズレている可能性があります。

このまま間違った対応を続けてしまうと、不登校が悪化して、長期間学校に行けない状況になってしまうでしょう。

そこで今回は、兄弟ともに不登校が改善した上田さんの事例を解説します。親のサポート次第で、子どもは将来前向きに考えられるようになり、笑顔も増えていくはずです。

上田さんの成果報告

成果報告

上田さんのお子さんは、中2の5月から腹痛、頭痛、不眠などがあり、不登校になりました。

夫婦喧嘩が多く、家庭の雰囲気も悪くて、弟さんも行き渋りになったそうです。

このタイミングで、上田さんは現役のフリースクール校長で公認心理師の小井出博文先生と一緒に行った「不登校解決勉強会」に参加されました。

参加後は、お子さんの体調不良が改善。3年生から登校できるようになり、欠席は週0~2日とのことです。

さらに勉強への意欲もアップし、自ら学習に励んでいるそうです。素晴らしい変化といえるでしょう。

親が行ったサポート

夫婦

では、上田さんはどのようにお子さんをサポートしたのでしょうか。主に、3つのことを行いました。1つ目は、夫婦で一緒に勉強会に参加したことです。

その結果、夫婦喧嘩が子どもに与える悪影響を旦那さんが理解してくれて、夫婦で足並みをそろえることができました。

2つ目は、子どもが休んだときは旦那さんが仕事を休んで買い物に連れて行ったことです。

仕事はいつでもできるけれど、子どもの大事なこのタイミングは今しかないため、側にいることを優先されました。

3つ目は、甘えとわがままの違いを再確認し、聞いてはいけない要求は聞かないようにしたことです。

その結果、お子さんが理不尽な要求をすることがなくなりました。

不登校が解決した理由

親子

なぜ、上記の3つで不登校が解決したのでしょうか。1つ目の理由は、家庭が安心できる空間になったからです。

夫婦喧嘩をしていると家庭の空気が悪くなり、「俺のせいで喧嘩が増えたんだ」と自分が責任を負う子もいます。

これが原因で心が苦しくなっていた場合、家庭の雰囲気が改善したことでストレスが減ったのでしょう。

2つ目の理由は、愛情バロメータが上がったからです。学校を休んだことを責めるどころか、お父さんが仕事を休んで子どもに寄り添うと、子どもは嬉しくなります。

すると愛情バロメータが上がり、学校に行く気力が出てくるのです。こうした理由で、不登校改善につながったのでしょう。

本日のまとめ

愛情

もし今、お子さんが不登校で悩んでいたら、上田さんが行ったことを試してみてください。

家庭が安心して過ごせる場になっているか、愛情バロメータがきちんと上がっているかをチェックし、できていなければそこから改善するのです。

ここの2つがクリアできれば、子どもは学校に行く気力が出てきます。何かしら学校でトラブルがあった場合は、きちんと親に話してくれるようになるでしょう。

愛情バロメータを最短で上げる方法は、以下の講座でも詳しく解説しているので、参考にしていただければと思います。

>>思春期の子育て無料講座

明日ですが、「不登校の子を留守番させるのはアリ?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!兄弟ともに不登校が改善した成果報告

関連記事

  1. 成果報告

    過干渉をやめたら起こった変化

  2. 野球で全国大会に出場し、特待で志望校に合格した成果報告

  3. 高校受験直前で不登校が改善した成果報告

  4. 発達障害の子どもに合う家庭教師の探し方

  5. 先生

    学校の先生という夢が見つかった成果報告

  6. 成果Hさん

    97%が合格した秘密(高校受験対策プログラム)参加者から頂いた合格報告

  7. 2週間で40点UPした成果報告

  8. ゲーム依存症を乗り越え推薦で志望校に合格した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP