勉強しない中学生のやる気を出す方法

勉強しない

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

子供の勉強のやる気スイッチが入りません。「勉強しなさい」と言うのを我慢しつつ、ご飯を作って様子を見ていますが、流石に言ってしまいそうです。

自主的にスイッチを入れる為に、親は何をしたら良いでしょうか?

子どもが全然勉強をしていない姿を見ると、つい「勉強しなさい」と言ってしまいますよね。

ただし、言ったところで勉強はしません。さらには親子関係が悪化して、勉強どころではなくなってしまいます。

本日お伝えするステップを行えば、確実にやる気を出すことができます。成績UPや受験の合格にもつながるはずです。

まずは愛情バロメータチェック

チェックする

はじめに、愛情バロメータをチェックしましょう。これが低いと親子関係が悪くなり、何を言っても勉強させられないからです。

このときのチェックポイントは、
  1. 子どもがしたい話ができるか
  2. 子どもがしたくない話ができるか
の2つです。最低でも1、基本的には2ができない場合、まだ勉強をさせる段階ではありません。

まずは、子どもの好きなことに興味を持つ、話をしっかり聞く、好きな料理を作るなどをして、良好な親子関係づくりからはじめましょう。

何をしたらやる気が出るかチェック

ご褒美

愛情バロメータが上がり、1、2がクリアできたら、子どもが何をしたらやる気が出るのかチェックしましょう。方法は様々です。

たとえば、心の底から行きたい進路を見つけることで、頑張って勉強しようという気持ちが出てくる子もいれば、

ちょっとしたごほうびを決めることで、ごほうび欲しさから勉強を頑張れる子もいるでしょう。

子ども一人ひとり求めているものは違うため、性格や年齢などを加味して、一緒に考える姿勢が大切です。

「勉強しなさい」を言い続けるとどうなる?

親子

どうしても言ってしまいがちな、「勉強しなさい」という言葉。これを伝えると、一時的には勉強するかもしれません。

しかし年齢が上がれば上がるほど、言われることをウザいと感じます。どんどん、反発するようになるでしょう。

結果系に親子関係も悪くなるため、親の話を聞かなくなります。

ますます勉強しなくなって悪循環となるので、言い続けないようにしましょう。

本日のまとめ

勉強する

子どもが勉強のやる気を出さないときは、愛情バロメータをチェックしましょう。

子どもがしたい話はもちろん、したくない話までできるようになれば、良好な親子関係が築けていると判断できます。

あとは、何をしたらやる気が出るのかをチェックして、勉強を頑張りたい理由をつくっていきましょう。

明日ですが、「過干渉をやめたら生活リズムが整った事例」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!勉強しない中学生のやる気を出す方法

関連記事

  1. クラスメイト

    男子校、女子校、共学どれがおすすめ?

  2. いじられる

    学校でいじられる子どもの対応法

  3. 勉強

    勉強を計画通りに進める2つの裏技

  4. 受験生

    やる気のない受験生への効果的な改善法

  5. ウチの子思春期

    新刊出します!

  6. 修学旅行

    修学旅行に行きたくない子どものサポート法

  7. 顔を手で覆う

    自分の顔に自信が持てない子どものサポート法

  8. 勉強する高校生

    9割とれる!高校生のテスト対策法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP