発達障害の子どもは無気力になるのか?

無気力

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

子どもが無気力の場合は愛情バロメーターを上げるといういことですが、発達障害の可能性が否定できない場合、どのように対応すれば良いのですか。

発達障害の場合でも、両親が愛情バロメーターを上げると無気力が無くなるのですか。

以前、子どもの無気力は愛情バロメータの不足によるものだとお伝えしました。今回の相談は、それに対するコメントの中でいただいたものです。

そこで今回は、発達障害と無気力の関係性についてお伝えします。子どもへの適切な対応が分かるようになると思うので、参考にしていただければ幸いです。

発達障害と無気力の関係性

エネルギッシュ

私は精神科医ではないので、医学的なことは分かりません。そこで、この記事では、私の経験を元に発達障害と無気力の関係性をお伝えします。

私の経験から申し上げると、発達障害と無気力はほとんど関係がありません。発達障害は、小さい頃からある程度分かることが多いです。

たとえば、極端に興味が偏っていたり、こだわりが強かったり、他の子と比べて以上に落ち着きがなかったりするからです。

しかし、そういった子が思春期になって、全員無気力になっているかというと、そんなことはありません。毎日エネルギッシュに活動している子はたくさんいます。

このような理由から、私自身は発達障害と無気力はほとんど関係がないと考えています。

無気力な子どもが多いという事実

自信を失う

ただし、発達障害の子の中には無気力な子が割合的に多いように感じる、というのも事実です。

ではなぜ、発達障害の子には無気力が多いと感じるのでしょうか。理由は、2つ考えられます。

1つ目は、愛情バロメータが下がりやすいことです。発達障害は、平均に比べて少し劣っている部分や苦手な部分を持っています。

その結果、お父様やお母様が周りの子と比べて劣等感を感じてしまい、それが子どもに伝わると、愛情バロメータが下がりやすくなるのです。

2つ目は、自信を失いやすいことです。発達障害の子は、大きくなると周りと自分の違いが分かるようになります。

すると、なぜ自分だけできないのか?と考え、劣等感を抱くことが多くなります。その結果、自信を失ってしまい無気力になるのです。

今回紹介した2つの理由から、発達障害が直接の原因ではないにしろ、無気力になりやすい原因です。

発達障害の子どもに親がすべき2つのこと

褒める

では、どういったことを意識して子どもに接していけば、無気力にならずにすむのでしょうか。親としてやるべきことは2つあります。

1つ目は、私の記事では何度も申し上げますが、愛情バロメータを上げることです。

親の愛情がしっかり子どもに伝わっていれば、発達障害であっても無気力にならずに、自信を持って自分の人生を歩んでいくことができるからです。

愛情バロメータの上げ方は、こちらの講座で解説しています。

>>思春期の子育て講座

2つ目は、小さながんばりを褒めることです。前述した通り、発達障害の子は劣等感を感じやすいので、自信を失いやすいです。

そこで、小さな頑張りを褒めるようにして、お父様お母様が自己肯定感を高めてあげましょう。

人に優しくできたとか、少しだけ努力ができたなど、小さなことをどんどん褒めて自信がつけば、発達障害でも無気力ではなくなります。

本日のまとめ

愛情

発達障害と無気力は基本的には無関係です。ただ、発達障害の子の中には無気力な子が多いと感じるのも事実です。

発達障害が直接の原因ではなくても、愛情バロメータが下がりやすいことと、自信を失いやすいという理由からです。

そのときお父様お母様にしていただきたいことは、愛情バロメータを上げることと、小さな頑張りを褒めることです。

本人が抱く劣等感や自信の喪失を、親の愛情や心がけでフォローすることができれば、発達障害でも無気力ではなくなります。

明日ですが、「高校生の塾選び戦略」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!発達障害の子供は無気力になるのか?

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 学校

    学校で勉強する意味と足りない勉強

  2. 受験勉強

    高校受験系の悩み相談に対して元中学校教師が解答しました!

  3. 男子中学生

    担任とぶつかる子どものサポート法

  4. 会話

    毎日子どもとしている会話をチェックしてみよう

  5. 2択

    高校の偏差値は高いor低い、どっちがいい?

  6. 中学生

    理想的な子どもに育てる方法

  7. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  8. 悩む

    合格した高校に行きたくない悩みの解決策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP