高校が楽しくない子どものサポート法

頭を抱える少年

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

高校1年の子どもが学校に行きたがらず、スマホゲームばかりしています。

遅れても学校には行ってたのですが、テスト期間にもかかわらず、学校に行きませんでした。

朝に「公立高校に行きたいって言ったのに、お前が私学のこんな学校に入れやがって。」「お前もじじい(主人)も同じや。思い通りにならんかったらキレて。」

どうしたいのか聞いてもうるさい、うざいと言うだけです。どうしたらいいのかわからないんです。

子どもが学校に行きたがらないというのは、親として心配になると思います。そこで本日は、こういったとき、どのようなサポートをすれば良いのかお伝えします。

どういったステップを踏めば、つまらない学校生活を改善できるか解説するので、きちんと実践していただければ、お子さんが学校へ行けるようになると思います。

また、親子の関係も今よりさらに良好になると思うので、参考にしていただければ幸いです。

過去の過ちを謝ろう

主婦

今回の相談者のお子さんの言葉を読んでいると、おそらく今通っている私学の高校は親が進学を勧めたのではないかなと思います。

親が誘導する形で進路を決めさせてしまうと、高校が合わなかったとき、子どもは必ず親のせいにします。そのため、進路は子どもに決めさせることが重要です。

今回の相談者さんのように、すでに進学してしまって、このような形で責められたら「あのときは本当に申し訳なかった」と涙を流して謝るようにしましょう。

もちろん、無理な要求を飲む必要はありません。そういった要求には、毅然とした態度で対応すれば大丈夫です。ただ、まずは過去の過ちを謝るというのが、解決への最初のステップです。

現状と今できるサポート法を伝えよう

サポート

次のステップは、現状と今できるサポート法を子どもに伝えることです。まず、今の状態が続けば退学になることを、子どもに伝えます。

次に、転校、就職など、次の選択肢にどのようなものがあるかも子どもに伝えます。そのうえで、

「転校するなら、どんな学校があるか一緒に調べるよ」「就職するなら、一緒にハローワークに行こう」「通信制の高校に変わるなら学費出すよ」という感じで、親ができるサポートを伝えます。

今後の選択肢と、親ができるサポートを提示して、どうするかを子どもに決めさせましょう。

それでも変わらない時は?

先生

この流れで進めていけば、子どもの気持ちも前向きに変わっていくと思います。しかし、親への恨みが根深い場合は、これだけでは解決しないこともあります。

たとえば、親の話を聞かないような場合です。こういったときは、間に第三者を挟むのが良いです。たとえば、学校や塾の先生などです。

そういった先生たちとの関係も悪い場合は、新たに全寮制のフリースクールの先生などに話をしてもらうようにお願いしましょう。

全寮制フリースクールの先生は、子どもの問題行動のスペシャリストだからです。

ただ、全寮制フリースクールはお金もかかるので、金銭的に余裕がない場合は、市町村の子育て支援センターに相談してみるのも良いでしょう。

すべて親だけで解決しようとせず、無理な時は第三者の力を借りることが大事です。

本日のまとめ

高校生

親が誘導する形で進学先を決めるのは、危険です。子ども本人に決めさせないと、学校が合わなかったとき親のせいにするからです。

もしそうなってしまったら、「あのときは本当に申し訳なかった」と謝ることが大事です。その上で、現状と今できるサポート法を伝えましょう。

このままの状態が続けばいずれ退学になること、さらに今後の選択肢として転校や就職などがあることを、子どもに伝えるのです。

そして、どの道を選ぶかは、子どもに決めさせます。通常これで解決できますが、もし子どもの気持ちが前向きにならないときは、第三者に間に入ってもらいましょう。

明日ですが、「保存版!予習と復習の仕方」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!高校が楽しくない子どものサポート法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 親子勉強

    一緒に勉強しよう!は過干渉?

  2. 海

    夏休みは、家族で何回出かけましたか?

  3. サッカーボール

    本田圭佑選手が世界トッププレイヤーになれた理由

  4. 学校

    なぜ、学校に行かないといけないの?

  5. 子供

    だらしない子どもへの対応法

  6. 運動の継続

    部活引退後も運動を続けるべきか?

  7. 甘える子供

    甘えとわがままの違い

  8. 部活

    親に部活を辞めろと言われるときの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP