ゲーム中毒は死に直結?

ゲーム

最近「子どもがゲームばかりしている」という相談をよくいただきます。実は、ゲームを長時間やり続けた結果、死亡した事例があります。

そこで本日は「ゲーム中毒で死亡した事例とゲーム依存にならない方法」について解説します。

お子さんがゲーム、YouTube、スマホ依存の場合、一度こういった話をしていただけると良いかと思います。

2015年ロシアで起きた事件

ゲーム

2015年、ロシアで22日間休まずにゲームをし続けた結果、突然死してしまった少年がいます。

また、2002年に韓国で86時間ゲームをし続けた結果、そのまま倒れて死んでしまった方もいます。

このように、あまり報道はされませんが、長時間ゲームを続けた結果、命を落としてしまうケースが世界中で増えています。

もしあなたのお子さんが同じように長時間ゲームをしているなら、やりすぎは注意された方が良いです。

原因は下半身のうっ血

飛行機

ではなぜ、長時間ゲームを続けると突然倒れてしまうのでしょうか。一番の原因は、血液が循環しなくなることです。

たとえば飛行機に長時間乗ると、エコノミー症候群にかかる人が多いですよね。

エコノミー症候群とは、長時間座っていることで体の血液が回らなくなることが原因で起こる病気です。

ゲームも同じで、長時間座ってやっていると血液が回らなくなります。その結果、死に至ることがあるのです。

それ以外にも疲労や睡眠不足が溜まると、病気になって死んでしまうケースもあるので、長時間のゲームはできる限りやめた方が良いでしょう。

子どもがゲームをし続けるときは?

暴力

では、お子さんがゲームをし続けている状態だったら、どういった対応をされますか?

この状態を放置していたら命に関わるので、多少嫌がっても強制的に取り上げないといけません。

仮に子どもが暴れたとしても、命を落とすよりはマシだからです。

ただ、子どもが暴れて、誰かが大怪我をするようだったら、少し時間を待ってからやめさせることも大切でしょう。

しっかりと愛情バロメータを上げてからであれば、暴れなくなるからです。

参考までに、子どもがゲーム依存になる原因の多くは、家庭が楽しくないことです。

つまり、楽しい家庭を作っていくことで、ゲーム依存はかなり軽減するでしょう。具体的な楽しい家庭の作り方は、「思春期の子育て講座」で解説しています。

>>思春期の子育て講座

本日のまとめ

家族団らん

本日の記事を読んで、ゲーム依存は死に関わるものだという事が理解できたと思います。

もしお子さんがゲーム依存の場合は、できるだけ早く対処することが大切です。

まずは、何でも話し合える愛情バロメータまで上げていきましょう。

また、子どもがゲーム依存にならないためにも、家庭を楽しい雰囲気にするようにすることも大切です。

明日ですが、「子どもが習い事を辞めたいと言ったら?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!ゲームのやりすぎで死亡した事例

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 家庭

    家庭内の雰囲気が悪くなる行動はやめよう

  2. 反抗期

    問題のない反抗期と問題のある反抗期の違いとは!?

  3. 赤ちゃんの手

    赤ちゃん返りをする中学生への対応法

  4. 教師

    教師に言えること言えないこと

  5. 自己中と自己犠牲

    自己中心タイプと自己犠牲タイプ

  6. 道

    過干渉を辞める最短ルート

  7. 落ち込む

    浪人生で志望校に落ちた時は?

  8. ヨガ

    体を柔らかくする一番効率的な方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP