子どもがクラスメイトに嫌われるときは?

仲間はずれ

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

クラスメートの女子3人と一緒に掃除当番をする時、私だけ無視されたり、仲間外れにされたり、冷たい態度を取られます。

できれば普通に会話が成り立つ関係になりたいですが、どうしたら良いでしょうか?学校の先生に相談すべきでしょうか?

そのクラスメートの親に伝えるべきでしょうか?よろしくお願いいたします。

友達関係のトラブルは、思春期には珍しくありません。そのため、早めに解決することが大切です。

小さなトラブルが、いじめや不登校につながってしまうこともあるからです。

そこで本日は、このような友達とのトラブルに、親としてどのようなサポートをすべきかをお伝えします。

お子さんが楽しく学校生活を送れるように、参考にしていただければ幸いです。

どうしたいか考えよう

考える

最初に、「今後その子とどうしたいか」を考えさせましょう。それによって、やるべきことが変わるからです。

たとえば無視をやめてほしいだけなら、学校の先生に間に入ってもらえば解決できます。相手の子に話してもらい、無視をされない状況を作ってもらいましょう。

一方、友達になりたい場合は、先生に間に入ってもらうだけでは解決できません。無視される原因を、改善していく必要があります。

先生に間に入ってもらうには?

職員室

無視をやめてほしいだけの場合、まずは先生に相談しましょう。子ども本人、親どちらからでもいいので、現状と辛い気持ちを伝えます。

そして、先生から相手の子に、無視をする理由を聞いてもらいましょう。ただ避けているだけなら、やめてもらうように伝えるのです。

基本的には、これで解決するでしょう。また、相手の子とどうしても気が合わないなら、掃除の場所を変えてもらうといいです。

その子と一緒の場所にいるのは、気持ち的につらいからです。気が合う子と一緒に掃除ができるよう、先生にお願いしましょう。

友達になる方法

笑顔

無視してくる子と友達になりたい場合は、無視される原因を改善していく必要があります。

ただし、相手の子が「友達になりたくない」と思っている場合、仲良くなるのはハードルが高いです。

それを乗り越えてでも仲良くしたいのであれば、子ども自身の魅力を上げるしかありません。

表情や言葉を明るくする、コミュニケーション力を高める、相手が喜ぶ言葉をかけるなどです。

相手の子から「仲良くしたい」と思ってもらえるように、努力が必要です。

道のりは大変ですが、長い目で見ると人気者となることができるでしょう。

本日のまとめ

中学生

子どもがクラスメートから無視されて辛い場合、無視をやめてほしいだけなのか、友達になりたいのかを考えさせましょう。

前者の場合、先生に間に入ってもらうことですぐに解決するでしょう。後者の場合、その原因を考え改善していく必要があります。

気が合わない子がいるのは、当たり前です。無理に仲良くするのではなく、気の合う子と関わっていく方がいいでしょう。

明日ですが、「新学習指導要領の内申点UP法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもがクラスメイトに嫌われるときは?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 不登校

    子どもがいじめで不登校になったら?

  2. 提出物

    子どもに提出物を出させる方法

  3. 勉強しない

    中3でも勉強しない子のサポート法

  4. 教室

    学校が怖い不登校の解決法

  5. 悩む少年

    友達からの悪ふざけへの対応法

  6. 受験

    受験直前で成績が上がらない時は?

  7. 泣く子ども

    学校でいじられる子どものサポート法

  8. 寝る

    学校から帰って寝てしまう悩みの解決法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP