元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

中学生の不登校の原因をまとめました!

不登校

なぜ子供たちは、
学校に行かなくなってしまうのか?
あなたは不登校の本当の原因を、
ご存知でしょうか?

 

元中学校教師として、
たくさんの子供たちに向き合ってきて
わかった本当の原因と対応策について
詳しくまとめました。

そもそも不登校の定義とは?

出席日数
そもそも不登校の定義って、
なんだかご存知でしょうか?
文科省によると、

 

何らかの心理的情緒的身体的
あるいは社会的要因や背景により、
登校しないあるいは
したくともできない状況にあるために、

 

年間30日以上欠席したもののうち、
病気や経済的な理由によるものを除いたもの

 

が不登校の定義だとされています。
じゃあうちの子は29日だから、
不登校ではないですね?
と思われたら大間違い!

 

なぜなら高校受験という基準で考えると、

 

  • 年間10日の欠席
  • 年間30日以上の遅刻
 

があると受験の面でかなり不利になります。

 

それを考えると私の中では、
年間に10日以上個人的な理由で、
学校に行くことを渋ったら不登校だと
判断するのが良いのだと思います。

子どもが不登校になる3つの原因

不登校
では子どもはどうして、
不登校になってしまうのでしょうか?
様々な理由があるのですが、
私の中では主に次の3つが原因だと考えています。

 

親の子供への接し方を間違えた

子育て
一つ目の理由は、
親が子供への接し方を間違えた
ということです。

 

よく世間で言われているのは、
過干渉と放任主義というやつです。

 

過干渉というのは、
親が子供に対して必要以上に
あれしろこれしろと言いすぎてしまうことです。

 

こうなると子供は学校でためたストレスを
自宅で解消することができなくなります。
むしろ自宅にいたほうが、
さらにストレスがたまります。

 

すると精神的に厳しくなり、
学校に通えなくなるのです。

 

放任主義というのは、
親が自分のことばかりしていて、
子どもにほとんど手をかけないと、
子どもは愛情不足になります。

 

すると子供は、
親の愛情を確かめる目的で、
あえて学校に行かなくなります。

 

過干渉か放任のどちらかに、
偏った子育てをしてしまうというのが
一つ目の不登校の原因になります。

発達障害など子ども自身の問題

発達障害
親がきちんと子育てをしていても、
子どもが学校に行きたくないと
言うことがあります。

 

この場合もしかしたら、
発達障害という可能性があります。

 

発達障害には、ADHD、LD、自閉症、
アスペルガー症候群など
様々な種類があります。

 

具体的な症状は、
発達障害の種類によって異なるのですが、
ほとんどの子が持っている特徴が、

 
  • 落ち着きがない
  • 他人の気持ちを理解することができない
  • 物事をすぐに忘れてしまう
の3つになります。

 

こういった特徴があると、
授業を受けるのがつらくなったり、
友達ができなかったり、
先生から叱られる頻度が増えます。

 

その結果、
学校に行くのがストレスになり、
不登校になってしまうのです。
これが2つ目の原因になります。

中学校内でトラブルが起きた

喧嘩
最後は学校内でのトラブルです。
例えば、

 
  • 仲の良い友達と喧嘩をした
  • 先輩から目をつけられている
  • 先生に叱られることをしてしまった
  • 恋人に振られてしまった
 

などです。
こういったトラブルが起こると、
子どもは登校拒否状態になります。
これが3つ目の不登校の原因になります。

 

ただこの場合、
中学校内で起きているトラブルが解消すれば、
普通に学校に通えるようになるので、
根本的な原因というわけではありません。

親としてどのような対応をしていったらよいのか?

悩む
では子どもが不登校になったとき、
親としてどのような対応をしていったらよいのか?

 

細かい対応方法は、
症状によって異なるのですが、
基本的には次の3つの対応になります。

まず子どもとの関係を確認してみる

親子
一番最初にチェックしてほしいのが、
子どもとの関係です。
あなたのお子さんは、

 
  • 好きなことなどたわいもない話をしてくる
  • 学校での出来事の話をしてくる
  • 朝起きたら挨拶をしてくる
  • たまにはリビングでテレビを見ている
 

というような特徴がありますでしょうか?
こういったことがあれば、
親子関係は悪くはありません。

 

ただもし上記のような特徴がなければ、
過干渉か放任の子育てをしている可能性
あります。

 

この場合、
私がLINE友達限定でプレゼントしている、
「道山流思春期の子育てマニュアル」を
読んで子育て法を変えてみてください。

中学校の先生に連絡をしてみる

個人懇談
次にやっていただきたいのが、
中学校の先生に連絡をするということです。
先生に一度学校での様子を聞いてみてください。
なぜならこれをすることで、

 
  • 子どもが発達障害の傾向があるかわかる
  • 学校でトラブルが起きているかどうかわかる
 

からです。
学校の先生というのは、
毎日たくさんの子供たちと接しています。

 

だからお子さんが、
他の子と比べ発達が遅いかどうかわかります。
そういった客観的な視点から見ると、
発達障害の傾向があるかがわかるのです。

 

また友達ともめていたりすると、
学校での表情が悪くなります。
こういった変化がないかも聞きましょう。

自分が変わるか学校と連携を取る

マニュアル
最後は変化と行動です。
もしあなた自身の子育て法が
間違っているとしたら、

 

私のマニュアルを見ながら、
子どもへの向き合い方を変えてみてください。
すぐに解決はできないかもしれませんが、
1か月、2か月経つと変わってきます。

 

もし自分の子育てが問題でなければ、
学校の先生と連携を取りながら、
子どもが学校に通いやすい状況
一緒に作っていきましょう。

 

発達障害の傾向がひどく、
どうしても通常学級では苦しければ、
支援学級やフリースクールも検討してください。

 

友達とトラブルがあるなら、
学校の先生に間に入ってもらいながら、
上手に解決するように持って行ってください。

自分の力で変わることができないときは?

解決できない
ここまで説明したきた方法を、
一つずつ実践していけば、
お子さんの不登校は必ず解決できます。

 

ただ私が今までに、
5000人以上の保護者の方を、
サポートしてきた結果わかったのは、
変わろうと思っても変われないという問題です。

 

この場合、
他人の力を使って、
変わることが大事なります。

専門家のサポートを受ける

カウンセリング
例えば専門家のサポートを、
定期的に受けるということです。

 

家族に相談してもダメです。
なぜなら家族に相談をしても、
「お前の育て方が悪いんだろ」
と言われて終わりだからです。

 

そういったことではなく、
何をどう変えるのかを、
専門家に的確にサポートしてもらう
というのが大事になります。

 

またできれば親が変われなかったときに、
上手にサポートしてくれるカウンセリング力がある
専門家のほうが良いです。

一緒に変化する仲間を作る

仲間
例えば私が定期的に行っている、
「思春期の子育て勉強会」では、
一緒に参加してくださった方同士が、
子育てパートナーのような関係になります。

 

その結果お互いに長期的に支えあうので、
少しずつ自分が変化することができます。

 

私の勉強会に参加していただかなくても、
身近にいる子どもの不登校や反抗期で悩んでいる
お父さんお母さんたちと常に支えあいながら、
子どもに向き合っていくことで自分が変化できます。

 

一人ではなかなか変わることができなくても、
みんなで一緒に支えあっていくことができたら、
人間は簡単に変わることができるわけです。

不登校の解決策応用編マニュアルをプレゼントします!

プレゼント
現在あなたのお子さんが、
長期的な不登校であったとしても、

 

ここまで述べたような対応を
しっかりとしていけば、
必ずお子さんの不登校は解決します。

 

だから私を信じて、
まずはできることから始めてみて下さい。
あとここで紹介した対応策の、
もう少し応用編があります。

 

こちらについては、
道山流子どもの問題行動解決マニュアルとして、
現在無料でプレゼントしていますので、
よかったらこちらもチェックしてみてください。

 

>>道山流子どもの問題行動解決マニュアル

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ