元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

記憶できない時にチェックすべき3つの項目

記憶

最近こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

中3の娘は軽度の発達障害があり
中2から鬱が出てしまい39あった
内申点は34に下がってしまいました。

それでも37必要な高校へ行きたい
という希望があり、道山先生に
教えて頂いた事を親子でやり続けております。

ですが最近になり、
ワークなどは毎回5回づつやり
全問正解しても一つの教科を覚えても
前にやった物は忘れてしまうと悩んでいます。

もうすぐ中間テストなので
少しでも記憶が出来るよう
先生のアドバイスを頂けますでしょうか。

そもそも物事を覚えられない子は
ほとんどいないと思います。
やり方を間違えているだけです。

そこで本日は、
もし頑張って勉強しているのに覚えられない時、
チェックすべき3つの項目についてお話しします。

勉強を頑張っている子には、
必ず伝えていただきたい内容になります。

繰り返しを行う流れがあっていますか?

勉強
今回の相談者の子は、
5回繰り返しているのに覚えられていません。

 

この5回という回数が、
どのようにやっているのかと、
そのタイミングがいつなのかを
チェックしてください。

 

ダメな例としては、
1回目 ワーク全部
2回目 1回目に間違えたところのみ
3回目 2回目に間違えたところのみ

 

4回目 3回目に間違えたところのみ
5回目 3回目に間違えたところのみ
というパターンです。

 

なぜこれがダメなのかというと、
1回目のワークがテスト3週間前だとします。
3週間前の時点では覚えていても、
前日には忘れている部分があるからです。

 

理想的な流れ
1回目 ワーク全部
2回目 1回目に間違えたところのみ
3回目 2回目に間違えたところのみ

 

4回目 ワーク全部
5回目 4回目に間違えたところのみ
6回目 ワーク全部 ※テスト前日

 

という流れになります。
6回目はテスト前日なので、
口に出すだけでやり直す形でもOKです。

 

ポイントは、
  • 最低3回はワーク全部を解きなおすこと
  • テスト前日にもう一度すべてを解きなおすこと
の2つになります。

テスト範囲全てを解きなおしているか?

テスト
仮にテスト範囲が、
ワークp10からp30だとします。
テストというのは基本的に、
これらのページを平均的に出題します。

 

だからp10からp15だけを
3回繰り返してマスターしても、
4分の1の点数(25点)の6割=15点くらいしか
取ることはできません。

 

必ずすべての範囲を解きなおしているか
確認する必要があります。

 

またもしお子さんが、
オール3を目指している段階なら、
応用問題を捨てて解きなおしたほうが良いです。

 

仮に、
  • 基本問題:6割
  • 応用問題:4割
という感じでテストが作られているとします。

 

オール3を目指すなら、
とりあえず50点取ることができたら、
3を取ることができます。

 

ですので、
基本問題:6割だけを完ぺきに覚えて、
テストに臨んだほうが効率的です。

応用力をつけているか?

問題集
レベルの高い学校の場合、
ワークの問題をそのまま出すことが少ないです。
少し言い回しを変えたり、
数字を変えたりして出題してきます。

 

ただ学校のワークをやり直すだけだと、
どうしても言い回し変えられた時に、
対応ができなくなります。

 

※これは応用力がない状態です。

 

そこでやるべき勉強は、
学校で使っていない問題集を2回以上解く」
ということです。

 
  • 数字を変えた似たような問題
  • 言い回しを変えた問題
  • 少し難易度が上がった問題
 

などを解くことができるので、
応用力が付きます。
1回だけだと頭に入らないので、
最低2回以上解くようにしてください。

やり方を間違えると成績は上がらない

勉強
どれだけ勉強を頑張っても、
なかなか覚えることができない場合は、
まずは上記のことができているかを
チェックしていただけるとよいかと思います。

 

これら3つがしっかりできているのに、
覚えられない場合は、
勉強方法そのものを
間違えている可能性があるので、

 

>>中学生の勉強の仕方をまとめてみました!

 

の方法がきちんとできているか
再度確認してみてください。
お子さんだけでできない場合は、
あなたが手伝ってあげるとよいです。

 

勉強は正しい方法で行えば、
誰でも必ずできるものなので、
一度チェックしてみてくださいね。

 

明日ですが、
「わが子の強みがわかる秘密のテスト」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

&nbsp

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報