家から出たくない子どもの子育て法

子供

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

うちの子は本当に出不精で、とにかく出て行くのがめんどくさい、と言います。

〇〇行こう、と誘っても家にいるからいい、めんどくさいから行かない、と絶対に出かけません。

映画も「ずっと座って見てるのが面倒くさい」、買い物は「自分のものでも疲れるからイヤ」と、とにかく何を言っても出かける事自体が面倒なようです。

こういう子の場合は、無理に連れ出したりしない方がいいでしょうか?

私自身、元々は教師という立場でいろいろな子どもたちを見てきました。そのときに、「校庭へ出てみんなで遊ぼう」と誘っても、乗り気でない子もいました。

現在、思春期の子育てアドバイザーとして多くの方の相談にのっている中でも、こういった相談はたくさんきます。そんな時、私がどのようなアドバイスをしているか解説します。

今回の記事を読んでいただければ、出不精タイプの子への正しい接し方が分かるので、今よりさらに良好な親子関係になると思いますよ!

家から出られない子どもの2つの原因

愛情不足

そもそも、子どもが家から出られない原因は2つあります。まずは、お子さんがどちらにあてはまるのかを知り、その上でそれぞれの解決策を進めていきましょう。

原因1 エネルギー不足

1つ目の原因は、エネルギー不足です。車をイメージしてもらうと分かりやすいですが、ガソリンが入っていないと動きません。

人間の体も同じで、エネルギーがないと動きません。外に出られない子というのは、8割くらいがエネルギー不足が原因です。

解決策は、愛情バロメータUPと、食生活の改善です。愛情バロメータが上がると、子どもは心にエネルギーが貯まります。

そうすると、やる気や自主性が出てくるため、自然と外に出てみようという気持ちになります。まずは愛情バロメータを上げる努力をします。

ただし、愛情バロメータを上げるだけでは、エネルギーが満タンにはなりません。食生活が悪いと、体のエネルギーが不足するからです。

栄養のない食事をとっていたり、睡眠不足だったり、昼夜逆転の生活を送っていたりすると、体が動かないというのは当然のことです。

愛情バロメータを上がった後は、正しい食生活に改善していきましょう。

原因2 内向的な性格

お父さんやお母さんとも関係が良く、愛情バロメータの値も高い、食生活もきちんとしている。にもかかわらず、外に出られない場合、内向的な性格が原因です。

この場合、無理に連れ出す必要はありません。子どもの性格なので、ありのままを認めてあげれば良いです。

内向的な性格の子どもの場合、必然的に家庭で過ごすことが多くなると思います。そこで、楽しい家庭を作るということがとても大事になります。

子どもが家にいるから、「お父さんとお母さんだけで出掛けてくるね」ではなく、どうすれば家庭で楽しく過ごせるかを考えてあげましょう。

内向タイプの子どもの才能開花法

ゲーム

ここからは、少し踏み込んだお話をします。内向タイプの子は、長時間家にいるため、「将来仕事などは大丈夫なのか」と不安になるお父様、お母様も多いと思います。

安心してください。きちんとしたサポートを行えば、子どもの才能はきちんと開花します。一つだけヒントをお伝えすると、

内向タイプの子どもの才能開花法は、「好きなことに熱中させること」です。例えば、プロのゲーマーをイメージしてください。

こういう人たちは、ほとんどが内向的な性格です。外に出て誰かと会うより、家にこもってずっとゲームをしているほうが楽しいのです。

一日12時間とか普通にゲームができます。好きだからこそ熱中できる。すると自然と結果が出る。その結果、自分に自信を持つことができるため、社会に出て行くことができるのです。

ゲームでなくてもそうですが、内向的な子はこうして好きなことに熱中して極めることが、社会に出て行くためのステップとなります。

本日のまとめ

親子

外に出たくない子どもの原因は、2つあります。1つは、エネルギー不足です。食生活が乱れていたり、心のエネルギーが不足していると体は動きません。

解決策としては、愛情バロメータのアップと食生活の改善です。愛情バロメータUPについては、こちらの講座で詳しく解説しています。

>>思春期の子育てメール講座

2つ目は、内向的な性格です。この場合、無理に外に連れ出す必要はありません。ただし、家にいる時間が長くなると思うので、家庭を楽しくすることが重要です。

家から出なかったとしても、好きなことに熱中させて、それを極めることで社会に出て行く力を身につけることができます。

明日ですが、「思春期の子どもの特徴まとめてみました」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!家から出たくない子どもの子育て法

関連記事

  1. 将来の夢

    これからの時代に上手くいく仕事の条件とは?

  2. 子どもにとって最適な睡眠時間とは?

  3. 学級委員

    生徒会役員や学級委員は積極的にやるべきか?

  4. 道

    過干渉を辞める最短ルート

  5. 夫婦会話

    子どもに聞こえるように勉強の話をしても良いのか?

  6. 新しいこと

    新しいことor同じことどちらが大事?

  7. 学習塾

    学習塾を変える時期とタイミング

  8. 子供を叱る本当の目的とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP