元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

1年生向け!部活動の正しい決め方

部活動の決め方

 ← 道山はいま何位?

時期も時期なので、
そろそろ中学校で、
部活動紹介などがあるころだと思います。

部活動は子どもにとって、

  • 学校に行く楽しみ
  • 友達を作る場
  • 勉強以外の能力を高める
と言う目的で非常に大事です。

 

この選択が上手くいくかどうかで、
中学3年間の充実度が決まる言っても
過言ではありません。

 

そこで本日は、新1年生のお子さんがいる親向けに
部活動を決めるときの正しい考え方について
まとめたいと思います。

どの部活動に入るかは子どもの自由!

人間と言うのはそれぞれ
  • 楽しいと感じること
  • やりたいと感じること
が異なります。

 

これは部活動にも入れることで、
子どもによって、
  • 文化系の部活か体育系の部活か
  • 上を目指す熱血の部活か楽しく遊び感覚の部活か
  • 友達で部活を選ぶかやりたいことで部活を選ぶか
など全て異なります。

 

結局これは価値観が違うだけで
どれが正解と言うことはありません。

 

全員が全員、全国1位を目指す必要はなく、
中には勝ち負けにこだわらず、
みんなでわいわいやる部活があっても良いわけです。

 

こういったことを考えると、
一番大事なことは親の意志で決めさせるのではなく、
子どもの意志で決めさせるということです。

 

これをしないと、
子どもは部活が楽しくなくなってしまい、
それがきっかけで不登校になることがあります。
部活

辞めるのも変わるのも子供の自由

上記の話と同じなのですが、
世の中には、
  • 一度入った部活は最後まで継続すべき
  • 嫌な部活はいつでも変わって良い
という2つの考え方があります。

 

これもどちらが正しいというわけではなく、
ただ価値観が違うだけです。

 

参考までに、
私自身の考えとしては、
  • 部活を辞めたいならいつ辞めても良い
  • 部活を変わりたいならいつ変わっても良い
という考えです。

 

なぜなら、中学生と言うのは、
一度も経験したことのない部活に、
少しの興味だけで入ることが多いです。

 

その結果実際にやってみたら、
「想像していたのと違った」と言うことは良くあります。
これは仕方のないことです。

 

そこであなたがもし、
「一度やると決めたんだから最後までやりなさい」
と言ってしまったら、
3年間を棒に振ることになってしまいます。

 

また今の世の中と言うのは、
未だに「一度入った職場で最後まで働きなさい」
という経営者が有利な価値観になっています。

 

その結果、たくさんの方が、
ブラック企業で働き続け、うつ病などになっています。

 

小さい頃から、
一度決めたことでも考え方が変わったらいつ変わっても良い
という価値観にしてあげれば、
仕事もすぐに変えられる思うからです。

 

ですのでできる限り、
  • 子どもの意志を尊重してあげる
  • 気持ちが変わったら変わらせてあげる
  • もちろんやりたくないならやらせなくて良い
 

という考え方が良いのかなと思います。
※これはあくまでも道山の価値観で、
これが100%正しいというものではないです。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報