元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

子どもが親の言うことを聞かない理由

言うこと聞かない

私のところに届く相談で、
最も多いのが、
「子どもが言うことを聞かない」
という悩みです。

ではどうしてお子さんは、
あなたの言うことを聞かないと
思いますか?

実は良い理由と悪い理由、
2つの理由があります。
それぞれお伝えします。

悪い理由 愛情バロメータが低い

愛情不足
人間は誰でもそうですが、
嫌いな人の言うことは聞きません。
愛情バロメータが下がっていると、
子どもは親の言うことを聞かないのです。

 

この場合、
根気よく愛情バロメータ
上げていくしか方法はありません。

 

具体的な方法は、
  • 過干渉をやめる
  • 子どもの要求をできる限り聞く
  • 大好きなご飯を作る
などです。

 

さらに細かい説明は、
思春期の子育てメール講座で、
解説しています。
>>思春期の子育てメール講座

良い理由 自立性が出始めている

成長
愛情バロメータが高くても、
親の言うことを聞かないことがあります。
これは「自立性」が出始めているからです。

 

言い換えると、
これは成長ということなのです。

 

小さいころ子どもは、
親の言うことを聞くことしか、
できませんでした。

 

ただ大人になるにつれて、
自分で考えて行動することが、
必要になってきます。

 

その第一歩が、
親への反発なのです。
こういったときは、

 
  • 見守る
  • 失敗したタイミングで伝える
 

のどちらかが良いです。
親が無理に止めようとすると、
愛情バロメータが下がるだけなので、
一旦見守ります。

 

そして失敗したときに、
「ほらね」と言って、
改善策を伝えてあげてください。

親への反抗がすべて悪いわけではない

見守る
親の言うことを聞かないというと、
なんだかすべて悪いことのように感じます。
ただこれは間違いです。

 

むしろ親が言ったとおりにしか
動けない子の方が将来危険です。

 

親の言うことを聞かなかったとき、
どちらの理由で反発しているのかを
確認してください。

 

もし前者であれば、
子どもへの対応を変えることが大事です。

 

後者であれば、
本当に悪いことをしそうになった時以外は、
見守ってあげてください。

 

見守ることも、
親としては大切なことなのです。

 

明日ですが、
「高校受験対策勉強会の様子を紹介」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報