元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

警察に通報すべき問題行動とは?

パトカー

子どもが何か問題を起こしたとき、
それが手に負えないと思ったら、
警察の力を借りたほうが良いです。

ただ近所の目が気になるなどで、
それができなこともあります。
ではどういった場面になったら、
近所の目を気にせず警察に頼るべきでしょうか?

主に私は、
次の2つのケースになったら、
近所の目など気にせず、
警察の力を借りたほうが良いと思っています。

子どもが暴れ暴力をふるうとき

家庭内暴力
いわゆる家庭内暴力というやつです。
家の中で子どもが暴れ、
それを止めようとすると、
あなた自身がけがをしてしまう。

 

こういった状況であれば、
怪我をする前に警察の力を
借りるようにしてください。

 

ここまでしないと、
子どもはことの重大さを理解できません。
また大けがをしてからでは遅いからです。

 

あなた自身に危害がなくても、
旦那さん、兄弟、おじいちゃんなどが
怪我をしそうな場合も同じです。

 

また直接的な危害がなくても、
冷蔵庫を倒すとか、
家の中をメチャメチャにするとか
そこまで悪化したら力を借りてください。

子どもが自分自身を傷つけるとき

リストカット
また他人ではなく、
自分自身を傷つけようとした時も
警察の力を借りたほうが良いです。

 

例えば自傷行為などをしたときです。

 

この場合警察でなく、
児童相談所でも大丈夫です。

 

正直あまり力には
なってくれないかもしれませんが、
外部の人間の力を借りることで、
あなた自身が精神的に落ち着きます。

 

最初のうちは、
お子さんは軽い気持ちで、
リストカットをすることがあります。

 

ただ一歩間違うと、
本当に命を落とす可能性があります。
そうなってからでは遅いので、
早めに外部の力を借りるようにしましょう。

周りの目線よりも子どもの命を大事にする

ハート
警察を呼んだり、
児童相談所の人に来てもらったりするのは、
近所の目が気になることだと思います。

 

だから一歩を踏み出せない方も、
いるかもしれません。
しかしこの考え方はよくないです。

 

一番大事なのは、
周りからの目線ではなく、
お子さんの命です。

 

家庭内暴力やリストカットなどは、
本当に命に関わることです。
後で後悔してからでは遅いので、
早めに外部の力を借りるようにしてくださいね。

 

明日ですが、
「勉強より子供の笑顔が重要になった成果報告」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報