元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

兄弟げんか

昨日ブログに掲載した、
こちらの勉強会の時、
>>伊藤先生と勉強会を行いました!

ある参加者の方から、

道山先生、うちの子たちは
兄弟喧嘩が多くて困っています。
どうしたらよいのでしょうか?

という質問をいただきました。
実は子どもが兄弟喧嘩をするのには
大きな理由があります。

その理由を理解して、
子どもへの接し方を変えていくことで、
少しずつ兄弟喧嘩がなくなります。

道山流!兄弟喧嘩を解消する方法
についてお話します。

兄弟喧嘩が起こる本当の原因とは?

思春期
そもそも兄弟喧嘩とは、
どうして起こると思いますか?
主に2つの原因があります。

ストレスの発散先を兄弟にしている

学校や家庭でストレスがたまり、
そのストレスの発散を、
兄弟に対して行うと喧嘩が始まります。

 

思春期は特に、
イライラしやすい時期なので、
些細な言い合いがきっかけで、
兄弟喧嘩に発展するのです。

母親の愛を独占したいという気持ち

優秀なお姉ちゃんとできない弟
という家庭によくあるケースなのですが、
親が無意識にお姉ちゃんのことを
ほめてしまいがちです。

 

すると弟が、
「自分は愛されていない」と感じ、
いつも褒められているお姉ちゃんに、
手を出したり暴言を吐いたりします。

 

兄弟喧嘩は、
様々な原因があるのですが、
よくあるケースとしてはこの2つです。

あなたがやるべき対処法

家族団らん
もし兄弟での喧嘩が多ければ、
以下の3つのポイントを意識して、
子どもに接してあげてください。

 

1か月ほど継続していけば、
今よりかなり兄弟喧嘩が減ると思います。

ステップ1 ストレスを家庭で解消する

思春期の子どもは、
学校でストレスを抱えてきます。
それを唯一解消できるのが家庭です。

 

普段の記事や、
思春期の子育てメール講座で、
お伝えしている方法を実践して、
子どものストレスを解消してあげてください。

 

※思春期の子育てメール講座
>>思春期の子育てメール講座

ステップ2 兄弟を比較しないように意識する

子どもへ接し方を意識していても、
つい兄弟を比べてしまうことがあります。
すると兄弟喧嘩が起こります。

 

勉強、部活、性格など、
兄弟で優劣があるのはわかるのですが、
絶対に比べるのはだめです。

 

全員大好きだと、
常に伝えてあげてください。

ステップ3 個人的なケアをする

1と2をしっかり行っても、
どちらかの子が兄弟に喧嘩を仕掛ける場合、
一度その子と二人っきりで、
お出かけするのがおすすめです。

 

その帰りに、
「お母さんはあなたのことも弟のことも大好きだよ」
「だから二人が喧嘩しているのを見ると本当につらい」
「仲良くしてほしいな」

 

と伝えてください。
一度このケアを行えば、
それからしばらくの間は改善できると思います。

本日のまとめ

兄妹
兄弟喧嘩が起こる原因は、
  • ストレスの発散先を兄弟にしている
  • 母親の愛を独占したいという気持ち
のどちらかであることが多いです。

 

もし兄弟喧嘩が起きているなら、
  1. ストレスを家庭で解消する
  2. 兄弟を比較しないように意識する
  3. 個人的なケアをする
 

の順で向き合ってあげてください。
1か月ほど意識して続けていけば、
かなり改善されてくると思います。

 

明日ですが、
「毎日が幸せになるたった一つの考え方」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報