あれもこれも状態になると成績は上がらない

問題集

nblog1 ← 道山はいま何位?

先ほど6月4日に東京で開催する
伊藤先生との講演会の募集ページを
メールでお送りしました。

もし届いていない方がいましたら、
ブログからも参加できますので、
一度チェックしてみてくださいね。
では本題に戻ります。

 

  • 勉強に対してやる気がある
  • さらに毎日たくさんの時間勉強している
  • なのに成績がなかなか上がらない
という子にはある特徴があります。

 

それは何かというと、
「あれもこれも状態になっている」
ということです。

勉強の基本は繰り返すこと

たくさんの問題集
例えば数学の問題集を勉強するときに、

 
  • 学校では学校の問題集
  • 塾では塾の問題集
  • 自宅では書店で買った問題集
 

と言う感じで、
それぞれ違った問題集をやっていると、
なかなか成績が上がりません。

 

なぜならどれも中途半端になってしまうからです
成績を上げる基本は、
「同じ問題集を3回以上繰り返すこと」です。

 

もし上記の問題集を、
それぞれ1回ずつやっているとしたら、

 
  • 塾の問題集
  • 書店で買った問題集
 

の2つは一旦おいておいて、
学校の問題集だけを繰り返した方が
成績は上がりやすいのです

他の問題集をやるときは一つを極めた後にしよう

問題集
もちろん最終的には、

 
  • 塾の問題集
  • 書店で買った問題集
のような学校で使っている問題集
以外の問題集を使って勉強することも必要です。

 

なぜなら、
学校で使っている以外の問題集を勉強することで、
応用力を付けることができるからです

 

ただ大事なことは、
いつ応用力を付けるかと言うことです。
応用力と言うのは、
基礎力があるからこそ付くものです。

 

基礎力が付いていない状態で、
応用力を付けようと思っても無理なのです。
だからこそまずは、

 

学校の問題集
を最低でも3回以上繰り返して、
基礎力をつけるようにしてください

 

その後で、

 
  • 塾の問題集
  • 書店で買った問題集
 

などを使って応用力を付けてください。
この順番をきちんと守れば、
成績は誰でも簡単に上がるので、
諦めずに頑張りましょうね!

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 初日の出

    毎年恒例!元旦は1年の目標を決めよう

  2. 小学生

    元教師が解説!短期間でできる小学校6年間の復習方法

  3. 散歩

    休憩に散歩をするだけで成績UP

  4. やる気

    勉強計画の立て方を変えるだけでやる気UP

  5. 勉強する

    元教師が解説!成績が上がる学習障害の中学生の勉強法

  6. お金がなくても大学に行けるのか?

  7. 塾

    塾で成績が伸びる子と落ちる子の違い

  8. やる気

    勉強のモチベーション維持テクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP