中学生の時にやらないと後悔すること

中学生やりたいこと

nblog1 ← 道山はいま何位?

今日は完全に、
中学生本人に向けた記事になりますので、
もしお子さんが中学生と言うお父様お母様は、
お子さんに見せてあげてください。

大人の方に、
「中学生の時にもっとやっておけば良かったと
後悔していることってありませんか?」
という質問をすると、

 

  • しっかり勉強しておけばよかった
  • もっと部活を頑張ればよかった
  • 遊びと思い出づくりが少なかった
というような答えが多いです。

 

こういった答えを聞くと、
勉強?部活?遊び?
一体中学生の時期は何を頑張ればよいの?
と悩んでしまうと思います。

やりたいことは人によって異なります!


じゃあ結局何を頑張ればよいのかというと、
実はこの答えと言うのは人によって異なります。
中学生と言う時期は3年間しかありません。

 

ある子は部活を一生勉強やって過ごします。
ある子は勉強と部活と遊びを両立して過ごします。
ある子は勉強も部活もサボって友達と遊んですごします。

 

どれが正解と言うのはありません。
なぜなら答えは人によって違うからです

 

ではどうして大人になった時、
「もっと勉強を頑張っておけばよかった」とか
「もっと遊んでおけばよかった」
と後悔してしまうのでしょうか?

 

それは「心の声」を無視したからです。
「もっと勉強しておけばよかった」と後悔してしまう人と言うのは、
どこかのタイミングで必ず、
「そろそろ勉強始めないとまずいな」と感じています。

 

ただ、「今までヤンチャやってきたから、
今更勉強やるとかダサいからやらない」
「自分は勉強が苦手だから最後までやらない」
と言うような小さなプライドで、その心の声を消してしまうわけです。

 

すると大人になった時に、
「もっと勉強しておけばよかった」と後悔してしまうのです。

これやってみたいという心の声を信じよう


もしあなたが今中学生で、

 
  • ギター始めてみたいな
  • 勉強頑張るために塾に入りたいな
  • 今の部活合わないからテニス部に変わりたいな
 

と言うような心の声があるとしたら、
その声を信じて行動してみてください。

 

ここで勇気を出して行動することができたら
将来大人になった時後悔しない人生になります。

 

ただここで、小さなプライドや恥ずかしさに負けて、
行動をやめてしまったら、後で必ず後悔することになります!

 

大人よりも子どもの方が、「これやってみたい」と言う、
心の声がたくさん出てきます。
大人になるとそういった声が、
少しずつ少なくなってしまいます。

 

だからこそ今やってみたいことがある子は、
今のうちにいろいろとやってみてくださいね。

 

お父さんお母さんに真剣にお願いして、
あなたの気持ちが通じたら、
やってみて良かったと思うはずです

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 質の良い睡眠

    睡眠の質は極限まで高めよう

  2. てれびゲーム

    ゲームマニアの子どもが輝く時代到来

  3. サッカー部

    朝練が効果的な2つの理由

  4. 親孝行

    一番の親孝行は長生きすること

  5. 日の出

    1年の始めに必ず行うこと!残り2つは?

  6. 塾

    成績が伸びる塾の選び方3つのコツ

  7. レギュラー

    怠け者の友達に負けてしまう場合

  8. 成人式

    悲劇!5年ぶりに教え子と会った結果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP