ご褒美と目標が効かない子どものサポート法

ご褒美

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

来年中学生になる娘です。勉強は大嫌い、習い事も大嫌い。

選ばれることも大嫌い、リレー選手に選ばれると練習がいやで学校を休む、伴奏を頼まれると楽譜を破り捨てる。

楽しく話すこともありますが、こういう話をすると不機嫌になり、話ができません。自分に自信がないと言います。

褒めても、ご褒美を用意しても全く効き目がありません。どうしたら良いでしょうか?

もしお子さんが現在、ご褒美を用意しても勉強に対してやる気にならないとしたら、本日の内容を参考にしていただきたいです。

この内容をしっかり理解し、対応していただければ、3か月以内にはお子さんのやる気を引き出せるようになります。

その結果、定期テストの点数もグングン上がっていくと思うので、参考にしていただければ幸いです。

勉強の話をすると不機嫌になる2つの理由

愛情

今回の相談者さんの場合は、勉強の話をすると子どもが不機嫌になると書いてあります。こうなる原因は、2つあります。

ひとつは、愛情バロメータが低いことです。もうひとつは、今まで「勉強しなさい」と言い続けてきたことです。

愛情バロメータが低いこと

愛情バロメータが低いというのは、親子関係が良くないということです。この状態では、子どもは親の言うことを聞かずに反発ばかりするようになります。

今回の相談者さんの場合、楽譜を破り捨てるとあります。これは子どもが必要以上にイライラしている状態です。

愛情バロメータを上げることで、イライラする頻度が減ってきます。すると、気持ちに余裕が生まれるため、子どもの意識も勉強に向いてきます。

今まで「勉強しなさい」と言い続けてきたこと

これまでに「勉強しなさい」と言い続けてきた場合、子どもはその過去がトラウマになります。

すると勉強の話が出るたびに、反射的にイライラしたり、反発するようになります。

3ヵ月は勉強の話をしないのが最初のステップ

親子会話

これらの状況を打破するには、まず3ヶ月間は勉強の話をしないのが大事です。

子どもが小さい頃から「勉強しなさい」と言い続けてきた場合、子どもが「勉強しろしろ洗脳」にかかっている可能性が高いです。

お父様お母様が勉強の話をしようものなら、反射的に「うるさい」「静かにして」などの言葉が出てしまいます。

この洗脳を解消するには、勉強の話ではなく、子どもの好きな話をするのが効果的です。

例えば、子どもがユーチューバーのヒカキンさんが好きなら、ヒカキンさんの話をしてあげてください。

そうすると、少しずつ勉強しろしろ洗脳が解消されます。愛情バロメータもアップするので、イライラも減ってきます。

3ヵ月経ったら、再度動機づけをしてみる

ご褒美

お父様お母様が、子どもに3ヶ月間勉強の話をしなかったら、子どもにかかった洗脳は少しずつ消えます。

そのタイミングで、動機づけ(ご褒美)の話をしてみましょう。これまでのステップがうまくいっていれば、これで勉強へのやる気は引き出せます。

しかし、まだ反発するようなら、「勉強しろしろ洗脳」が解消されていないので、さらに3ヶ月待ってあげてください。

また、ご褒美と目標設定の仕方を間違えているという可能性もあります。つまり、親が無理やり子どもに勉強させようとしている状態です。

この場合、ご褒美と目標の設定を正しく行うことが大事です。7日間で成績アップ無料講座で詳しく解説しているので、参考にしていただければと思います。

>>7日間で成績UP無料講座

本日のまとめ

勉強

ご褒美を用意しても、子どもが勉強に対してやる気にならないのは、愛情バロメータが低いことと、これまで「勉強しなさい」と言い過ぎたことが原因です。

小さい頃から「勉強しなさい」と言い続けてきた場合、子どもが「勉強しろしろ洗脳」にかかっている可能性があります。

この洗脳を解消できれば、愛情バロメータがアップするだけでなく勉強へも意識が向くようになります。

まずは、3ヶ月間勉強の話をせずに、子どもの好きな話だけをするようにしましょう。

次に「勉強しろしろ洗脳」が解消されてきたタイミングで再度、動機づけ(ご褒美)の話をしましょう。

うまくいっていれば、ここで勉強に意識が向くようになります。

明日ですが、「保存版!読書感想文の書き方」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!ご褒美と目標が効かない子どものサポート法

関連記事

  1. 学校

    先生に無視されるときの対応法

  2. 母と息子

    息子vs親!正しいのはどっち?

  3. 勉強

    記憶力3倍UPテクニック

  4. 合格

    偏差値70の高校に合格するための勉強法

  5. 親子喧嘩

    子どもと喧嘩したときの改善ステップ

  6. 考える

    高校はいつまでに決めればいいの?

  7. 受験

    少しでも偏差値の高い高校を目指すべきか?

  8. 頭を抱える

    【元教師が解説】HSPの子供の特徴と育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP